メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

シリア危機/アフリン・東グータ
避難民の受け入れ準備追いつかず
取り残された人々への支援、困難続く ユニセフ、人道支援の無条件アクセス求める

【2018年3月20日  ジュネーブ発】

本日、国連ジュネーブ事務所の定例記者ブリーフィングで、ユニセフ(国連児童基金)の広報官マリキシ・メルカドが報告した、シリアのアフリンおよび東グータの子どもたちの最新状況を抜粋してお伝えします。

* * *

<アフリン>

On 20 March in Nashabieh, eastern Ghouta, a boy stands in front of water tanks that UNICEF and partners have provided at a school sheltering internally displaced people (IDPs). UNICEF is providing water trucking and water tanks ensure access to safe water for around 6,000 IDPs including children sheltering in three schools in Nashabieh. In March 2018, UNICEF is delivering water and health and nutrition supplies to newly accessible areas in eastern Ghouta in the Syrian Arab Republic. UNICEF reached families in Kafr Batna, Hamourieh, Saqba with bottled water and high-energy biscuits and started its emergency response for thousands of people displaced to three schools in Nashabieh. All areas formerly under siege for almost five years in East Ghouta.  In Nashabieh, UNICEF is providing water trucking and water tanks to ensure access to safe water in addition to a UNICEF-supported mobile health team to provide basic medical assistance and vaccinations for children and mothers.  Since 11 March 2018 many thousands of people have left eastern Ghouta. United Nations teams have been visiting collective shelters in recent days (Dweir, Adra, Herjelleh, Electricity, Najha, Nashabiyeh, Kherbet Al Ward) in rural Damascus where people who have left eastern Ghouta are staying. All of the shelters are well over capacity, with more people continuing to arrive on a daily basis. There is an urgent need for water & sanitation facilities, non-food items such as blankets, mattresses, clothing and other essential items. Most of the people interviewed were in poor health condition (intestinal infections, hepatitis, skin disease, trauma) likely due to years of lack of access to medicine and health care.

© UNICEF/UN0187068/Nader

ユニセフが提供した貯水タンクの前に立つ男の子。(2018年3月20日撮影)

ユニセフが最後に、アフリン地区に保健・栄養支援物資を届けることができてから20日が経過しました。戦闘によりアフリン市の水源が損傷したとされ、3月6日以降、アフリン市の人々は深刻な水不足に苦しんでいます。ユニセフによる給水トラックも、暴力が激化した3月15日以降、支援を必要とする地域に対し、人々が切望する安全な水を届けることができずにいます。

ユニセフは、アフリン周辺の村々へ避難してきた約2万の家族に対して緊急支援を提供していますが、アフリン地区にはその半分が子どもとされる推計10万人が今でも残っており、彼らもまた人道支援を緊急に必要としています。ユニセフとパートナー団体は、不足しているとされる医薬品を含めた支援物資を届ける準備が整っています。

<東グータ退避>

スーツケースで子どもを運び、避難する男性。(2018年3月15日撮影)

© UNICEF/UN0185401/Sanadiki

スーツケースで子どもを運び、避難する男性。(2018年3月15日撮影)

私たちの推計では、3月13日以降に東グータから退避した人々の数は4万5千人から5万人にのぼり、その70%は女性と子どもです。報告によれば、東グータを出るための検問所で集合避難所に移動するのを待っている人が数万人います。

東グータから退避する人々は、4カ所の検問所から7カ所の集合避難所に移動します。退避者の数が増えるのに合わせて、政府は日々新たな避難所を指定しています。急激に増える巨大な人数を受け入れる準備が整っていない多くの集合避難所はすでに許容量を超え、ほとんどが修理を必要としています。

いくつかの場所は集合避難所として設計されています。しかし、避難所として使われている学校や教育施設はドアが壊れ、窓が割れ、水と衛生施設が機能していません。ユニセフはいくつかのトイレを修繕し、必要な個所にはプレハブの仮設トイレを設置しましたが、水と衛生は深刻な課題であり続けています。ある避難所では、トイレを使うのに3時間も並びます。

避難所には、特に子どもたちにとって、明らかな安堵感が広がっています。彼らは飢えと疲労を抱えてやってきますが、避難所の敷地は笑い声に包まれています。ある女の子はビスケットの値段にびっくりしています。ハムリーエでは300ポンド(60セント)したビスケットが、ここでは55シリアポンド(10セント)です。6歳の男の子は朝食について、彼が暮らしていたKafr Batnaの村では、何日も食べられない日があったと言います。ハムリーエから来た12歳の男の子は、退避する前日に家が爆撃を受けた際に負った傷の治療を受けています。生後12日の男の子モハンマドは、生まれて初めて太陽を目にし、感じることができました。子どもたちは、どんなに学校に戻りたいかを語りました。そして、東グータで学校が開校されているときは日が昇る前の朝5時に登校して、戦闘が始まる前の8時までに家に戻っていたと話ました。

ユニセフは東グータの検問所で待っている人々への水の提供や、現在国内避難民を受け入れているほぼすべての集合避難所に給水トラックを配備し、ボトル入り飲料水の配布も続けています。ユニセフは、複数の移動診療・子どもの保護チームを展開し、医療支援、予防接種および保健・栄養ケアを提供しています。退避する際にほとんどあるいはまったく所持品を持ってこられなかった家族に対して、毛布、衣類、赤ちゃん用キットを提供しています。そして、出来るだけ早く、子どもたちを教室に戻し、勉強に追いつけるよう手助けしなければなりません。

昨日、ユニセフの支援物資はシリア赤新月社によって東グータで新たにアクセスが可能になったKafr Batna、SaqbaおよびHamouriehに届けることができました。高エネルギー・ビスケットやボトル入り飲料水は、ICRCが準備した食糧パッケージおよびパンと一緒に配布されました。

取り残された人々への支援、困難続く

避難先の学校で、ブランケットにもたれかかる女の子。(2018年3月20日撮影)

© UNICEF/UN0187066/Nader

避難先の学校で、ブランケットにもたれかかる女の子。(2018年3月20日撮影)

アフリンや東グータから退避した子どもたちと家族に対して、支援を届けていますが、依然としてアフリンと東グータの包囲されている場所には何千もの家族が残っています。これらの子どもたちは今でも攻撃を受けており、切実に支援を必要としています。私たちは、彼らにも支援を届ける必要があり、すべての紛争当事者に、無条件に安全かつ持続的に支援を届ける許可を求めます。子どもたちはどこにいようとも、誰の支配下に置かれていたとしても、人道支援を受ける権利があります。

ユニセフは当初、5万人を対象にした支援を計画していました。しかし今は、20万人の東グータから退避した人および東グータに残っている人の両方に対する支援を準備しています。これらの必要不可欠なニーズに応えるために、ユニセフは新たに2,000万米ドルを必要としています。


トップページへ先頭に戻る