イエメン紛争3年:学校に通わない子ども200万人 待ち受ける早婚、児童労働や徴兵・徴用 メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

イエメン紛争3年
学校に通わない子ども200万人
待ち受ける早婚、児童労働や徴兵・徴用 ユニセフ、イエメンの子どもの教育に関する報告書を発表

【2018年3月27日  サヌア発】

イエメンでは、2015年の紛争激化以降、50万人近くの子どもが学校を中退し、学校に通っていない子どもの総数は200万人に上ると、ユニセフ(国連児童基金)は本日発表した報告書で述べています。また、公立学校の教師の4分の3が1年以上にわたって給料を受け取っておらず、そのことがさらに450万人の子どもたちの教育も危機的状況に晒しています。

待ち受ける早婚、児童労働や徴兵・徴用

On 13 March 2018 in Saif Ben Thei Yazan, Aden City, Yemen, a student attends class. Nearly half a million children have dropped out of school since the 2015 escalation of conflict in Yemen, bringing the total number of out-of-school children to 2 million.  Almost three quarters of public school teachers have not been paid their salaries in over a year, putting the education of an additional 4.5 million children at grave risk. According to the UNICEF report, “If Not In School”, more than 2,500 schools are out of use, with two thirds damaged by attacks, 27 per cent closed and 7 per cent used for military purposes or as shelters for displaced people.

© UNICEF/UN0188081/Fuad

学校で授業を受ける男の子。 (2018年3月13日撮影)

「イエメンの子ども一世代すべてが、教育を受けることを制限されたり、まったく受けられないことから、未来への展望を描けずにいます」ユニセフ・イエメン事務所代表 メリチェル・レラノは述べました。「学校に通っている子どもたちもまた、彼らが必要とする質の高い教育を得られていません」

報告書『学校に通わなければ(原題:If Not In School)』によると、2,500校以上の学校で授業ができなくなっています。3分の2は攻撃により損傷し、27%は閉鎖、7%は軍事的目的あるいは避難所として使用されています。

「通学途中で殺されるリスクもあり、学校に通うこと自体が危険になっています。子どもの安全のために、学校に通わせない親も多くいます。しかし教育を受けられないことで、子どもや親は、早婚、児童労働や戦闘への徴兵・徴用といった危険な選択肢を取らざるを得なくなります。

報告書『学校に通わなければ(If Not In School)』が示すデータには以下も含まれます。

  • 2015年3月以降、少なくとも2,419人の子どもが戦闘に徴兵・徴用された。
  • 2016年に6州で実施した調査によれば、女性の4分の3近くが18歳未満で結婚し、半分近くが15歳になる前に結婚した。
  • イエメン人の78%が貧困下に暮らす。80%は現金給付を含む何かしらの社会保護を必要としている。
  • 180万人の5歳未満児、110万人の妊婦または授乳中の女性が、急性栄養不良に陥っていると推定され、2014年末と比較して128%増加した。
  • イエメン人の820万人の子どもを含む1,600万人が、安全な水と適切な衛生環境を得るあるいは維持するために人道支援を必要としている。
  • 保健サービスを受ける必要がある人は、紛争開始前の500万人から3倍以上の1,600万人に増加した。

教育への支援を

家に戻れる日を夢見る国内避難民の男の子。(2018年3月14日撮影)

© UNICEF/UN0188088/Fuad

家に戻れる日を夢見る国内避難民の男の子。(2018年3月14日撮影)

ユニセフはイエメンの子どもたちに代わって、紛争当事者、彼らに影響力のある者、政府当局、そしてドナー国に対して、以下のことを求めます。

戦争を終わらせ、子どもに対するすべての甚大な暴力を終わらせること。イエメンの子どもたちが、教育を再度受けられるようにし、彼らが緊急に必要とし、また受ける権利を持つ質の高い教育を提供するためには、平和と復興が絶対条件です。

教員へ給与を支払うこと。子どもたちが学び続けられるようにするために、イエメン全土の教育当局は協力して、早急にすべての教師と教育従事者に給料を支払うための解決方法を見出すべきです。

子どもの教育を無条件で保護すること。すべての紛争当事者と彼らに影響力を持つ者は、無条件で、イエメン全土における学校に対する攻撃を停止し、子どもの教育を保護する必要があります。子どもたちと教育従事者は危険に晒されるべきではなく、また学校も安全に学べる空間でなければなりません。

教育への支援を増加すること。国際社会、ドナー、および開発パートナーは、イエメンの教員への給与未払い危機に対する長期的解決方法を模索しつつも、教員へのインセンティブを支援し、教育制度への支援を継続すべきです


トップページへ先頭に戻る