メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

シリア・東グータ
終わらない暴力、化学兵器使用の疑い 子どもたちの苦難を、今すぐ終わらせるべき
ユニセフ事務局長声明

【2018年4月8日  ニューヨーク発】

包囲された状態が続くダマスカス郊外の東グータ地区への攻撃により子どもが犠牲になり続けていることについて、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアは、以下の声明を発表しました。

子どもたちの苦難を、今すぐ終わらせるべき

On March 17 2018 in the Syrian Arab Republic, a woman carrying a child waits with other people outside a building at the Herjeleh collective shelter in Eastern Ghouta. The shelter is among three in Rural Damascus housing thousands of people displaced from their hometowns and villages in East Ghouta by intense fighting. All of the shelters are well over capacity, and more people arriving each day. Water and sanitation facilities, non-food items such as blankets, mattresses, clothing and other essential items are all needed urgently. UNICEF and partners are providing water, sanitation and hygiene (WASH), health, nutrition, child protection and other support. UNICEF is supporting water trucking and the provision of water tanks to ensure access to safe water, and is distributing bottled water, high-energy biscuits and other water, and health and nutrition supplies. UNICEF-supported mobile health teams are also providing basic medical assistance and vaccinations for children and mothers.

© UNICEF/UN0186367/Abdulmunem

母親に抱えられ、集合型シェルターの外で待つ子ども。(2018年3月17日撮影)

シリアの子どもたちには、暴力からの一時的解放はありません。報道によれば、ダマスカス市への爆撃により民間人が犠牲になり、包囲された状態が続く東グータ地区ドゥーマでは、暴力が再燃し、民間施設が甚大な攻撃に遭い、保健施設が破損しました。

私が特に恐怖を抱いているのが、ドゥーマへの化学兵器の使用が疑われる攻撃により、子どもを含む数十人が死傷したことです。

シリアの子どもたちはこの7年間、想像を絶する苦難を目撃し経験してきました。これを終わらせることは可能です。今すぐ終わらせなければなりません。子どもたちは私たちの目の前で亡くなっているのです。


トップページへ先頭に戻る