メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

パレスチナ・ガザ
デモに関連した子どもの犠牲
死者5人、負傷者数百人に ユニセフ・中東・北アフリカ地域事務所代表声明

【2018年5月4日  アンマン(ヨルダン)発】

ガザで子どもたちが犠牲を強いられている現状について、ユニセフ(国連児童基金)中東・北アフリカ地域事務所代表ヘルト・カッペラエレが、以下の声明を発表しました。

* * *

死者5人、負傷者数百人に

(Right) Talal Abo Hosoun, 9, and Samira Abo Hosoun, 7, walk to school for the afternoon shift in Rafah, southern Gaza Strip, State of Palestine, Sunday 3 December 2017. Two-thirds of schools in the Gaza Strip operate on double shifts, because of a shortage of classroom space and a growing population. As a result, tuition time has been reduced to 4.5 hours a day, and extracurricular activities are no longer supported, making it difficult for children to access quality education. The Abo Hosoun family, comprised of father Mohammed, his wife Omayya and their seven children, live on the third-floor of a building in Rafah, in the south of the Gaza Strip. Like many families in the Gaza Strip, they face daily challenges. Children living in the Gaza Strip, a narrow strip of land on the Mediterranean Sea home to two million people (half of them children under the age of 18) face multiple challenges which leave them extremely vulnerable. Poverty is widespread and unemployment rates high: nearly 42 per cent in the Gaza Strip, one of the highest rates in the world, with unemployment reaching 60 per cent of youth, and 80 percent of the population relies on some kind of humanitarian assistance. Coping mechanisms are eroding fast, with some children and families resorting to negative strategies such as school drop-out, child labour and early marriage. Some 97 per cent of water drawn from the coastal aquifer in Gaza is now unfit for human consumption. The longstanding electricity and energy crisis dramatically reduces families' access to electricity and cooking gas - in December 2017, families only received 4 to 5 hours of electricity daily. By all estimates, unless major investments are made in the water sector urgently, Gaza will be "unlivable" by 2020. However every day, Palestinian children display inspiring stories of resilience and hope and many adolescents demonstrate astonishing skills and talents. UNICEF programmes in the Gaza Strip help children access the basic servic

© UNICEF/UN0161246/d’Aki

午後の部の授業を受けるため登校するタラル君(9歳)とサミラちゃん(7歳)。(2017年12月撮影)

この5週間に、ガザで行われている多くは平和的に行われているデモで、子ども5人が死亡し、数百人が負傷しました。

すでに疲弊している保健システムは、停電や燃料・医薬品・機材の不足によりさらに悪化し、負傷した人々に治療を提供することが困難になっています。

子どもたちは身体的な傷に加えて、心にも深刻な悩みやトラウマを抱えている兆候を示しています。

昨日、ユニセフ・パレスチナ事務所の特別代表は、銃で撃たれ心臓近くに深刻な怪我を負った14歳の男の子を訪問しました。彼は病院で2週間治療を受けた後、今は家で療養しています。痛みを抱えながら楽観的になるのは難しいのですが、回復したならば、彼の命を助けてくれた医師のように自らも医師になりたいと言います。

ガザの暴力の激化は、すでに何年も耐えがたいほど厳しい状況下に生きることを強いられてきた子どもたちの苦しみをさらに厳しいものにしています。子どもたちの半数は人道支援に依存しており、4人に1人は心理社会的ケアを必要としています。

学校は生徒が多すぎるため3部制で運営されており、子どもたちの学習の機会を制限しています。

最低レベルでの電力しか供給されないガザでは、水と衛生のサービスは停止し、飲料水を入手することは極めて困難になり、10家族のうち9家族は日常的に安全な水を得ることができません。

ユニセフは、子どもたちの命を守る保健、水と衛生、教育、および保護の分野で今後も支援を続けていきます。

ユニセフは、影響力のあるすべての者に対して、子どもたちを守り、危険から遠ざけるよう、あらためて要求します。子どもたちは学校や家庭や公園にいるべきで、決して攻撃の対象にされたり、暴力への参加を促されてはならないのです。


トップページへ先頭に戻る