メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

南スーダン
子ども兵士200人以上、武装勢力から解放 今年3回目の解放、さらなる解放に期待
ユニセフ、社会復帰プログラムを支援

【2018年5月18日  ピボール(南スーダン)発】

17日、南スーダンの武装勢力は、200人以上の子どもたちを解放しました。

さらなる解放に期待

On 17 May 2018 in Pibor, South Sudan, 210 children were formally released from armed groups.  During the release ceremony, the children were formally disarmed and provided with civilian clothes. Medical screenings will be carried out, and they will receive counselling and psychosocial support as part of the reintegration programme, which is implemented by UNICEF and partners. The children released today included three girls and largely came from the opposition group the SPLA-IO, with eight having been associated with the National Salvation Front (NSF).  More than 800 children have been released since start of 2018. An estimated 19,000 children continue to serve in the ranks of armed forces and groups in South Sudan.

© UNICEF/UN0209623/Chol

武装勢力から解放された男の子。(2018年5月17日撮影)

今年に入って、このような子どもの解放の式典を行うのは3回目で、解放された子どもの合計数は806人となりました。今後数カ月に期待されているさらなる解放が実現すれば、解放される子どもの合計数は1,000人を超えます。

「子どもたちが解放され、家族のもとに帰れる度に、大きな希望となります。彼らの未来と国の未来への希望です」とユニセフ・南スーダン事務所代表のマヒンボ・ムドエは述べました。「私たちは、武装勢力に徴用・徴兵されている子どもがひとりもいなくなるまで、このような式典を数多く開いていけることを希望しています」

解放式典で、子どもたちは正式に武器を引渡し、軍服を脱ぎ、民間人の服を受け取りました。彼らは健康診断を受けた後、ユニセフなどが提供する社会復帰プログラムで、カウンセリングや心理社会的ケアを受けます。

社会復帰プログラムを支援

武装勢力から解放され、かばんを受け取った子どもたち。(2018年5月17日撮影)

© UNICEF/UN0209625/Chol

武装勢力から解放され、かばんを受け取った子どもたち。(2018年5月17日撮影)

子どもたちは家に戻るときに、社会復帰の初期段階の支援として、家族の3カ月分の食糧支援を受けます。その後、家庭の収入を増やしたり食べ物を十分確保できるよう、職業訓練を受けます。ユニセフとパートナー団体は、解放された子どもたちが、子どもたちが年齢に応じた教育を確実に受けられるよう支援します。

解放式典は2月と4月にも南部のヤンビオにおいて実施され、348人と248人が解放されました。

「今日は子どもたちにとって、社会復帰の長い道のりの始まりにすぎず、彼らはその道のりの中で、多くの支援を必要とします」とムドエは言いました。

今回解放された女の子3人を含む210人の子どもたちの多くは、反体制派のスーダン人民解放運動反対派(SPLA-IO)からで、国民救済戦線(NSF)は8人を解放しました。

現在も約1万9,000人の子どもたちが、南スーダンの武装勢力や武装グループに徴兵されたままです。ユニセフはすべての紛争当事者に対して、子どもの徴兵・徴用を終わらせ、すべての子どもたちを解放するよう求めます。


トップページへ先頭に戻る