コンゴ民主共和国:エボラ出血熱拡大回避に、学校での子どもの感染予防対策重要 メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

コンゴ民主共和国
エボラ出血熱拡大回避に
学校での子どもの感染予防対策重要 コミュニティでの啓発活動も強化

【2018年5月25日  キンシャサ(コンゴ民主共和国)/ダカール(セネガル)/ジュネーブ / ニューヨーク発】

エボラ出血熱が集団発生しているコンゴ民主共和国では、子どもたちは依然として感染の危険に晒され、その影響を受けており、緊急支援において子どもたちの健康と生活を優先する必要性が高まっています。

学校での子どもの感染予防対策重要

On 22 May 2018, children wash their hands to help contain the Ebola outbreak before entering a classroom in the north-western city of Mbandaka, in the Democratic Republic of the Congo. UNICEF has installed hand-washing points in 50 targeted schools in affected areas in the port city. Following the announcement by the Government of the Democratic Republic of the Congo (DRC) on 8 May 2018 of a new Ebola outbreak in Equateur Province, UNICEF has mobilised its teams to help contain the spread of the disease. The outbreak was declared in the Bikoro Health Zone, located more than 100 kilometers south of the provincial capital of Mbandaka. A UNICEF team with two doctors, a specialist in water, sanitation and hygiene as well as a specialist in community communication left today from Mbandaka to assess the extent of the epidemic and begin implementing the response, alongside the Government and the World Health Organization (WHO). This is the ninth Ebola outbreak in the country since 1976. UNICEF supports the Government in its coordination of the response both from the country’s capital Kinshasa as well as in the affected area. UNICEF has been active in the Equateur Province for many years. Based on its experience in previous Ebola epidemics, UNICEF is focusing its response on communication activities in the communities to protect people from the disease and on water supply, hygiene and sanitation to prevent the spread of the disease. UNICEF has already sent a total of 45 kg of chlorine, five sprays, 50kg of soap and 28,000 water purification tablets to the area, as well as 600 posters and 6,000 leaflets to educate affected communities.

© UNICEF/UN0211678/Naftalin

教室に入る前に手を洗う生徒たち。(2018年5月22日撮影)

「エボラとの闘いに子どもたちやコミュニティを巻き込むためには、学校が大変重要なのです」と、影響を受ける地域への訪問を終えたユニセフ・コンゴ民主共和国事務所代表のジャンフランコ・ロティグリアーノは述べました。「従ってユニセフは、学校での感染の危険を極力減らすために、検温や手洗いといった措置を導入しています」

ユニセフは影響を受けている3つの保健区における感染予防対策も強化しています。予防対策には、ムバンダカ(Mbandaka)、ビコロ(Bikoro)とイボコ(Iboko)の学校277校を対象とした手洗い場の設置、ならびに1万3,000人以上の子どもを対象にした啓発活動の支援が含まれます。

ユニセフは病気に感染した家族をもつ子どもたちの健康にも配慮しています。「エボラで親や養育者を失った子どもたちや、エボラに感染した人と接触したために隔離されている子どもたちは、それを受け入れるために心理社会ケアを必要としています」とロティグリアーノは言います。

過去のエボラの集団発生は、ソーシャルワーカーが弱い立場にある子どもたちを特定し支援する必要性を示唆しています。ユニセフとパートナー団体が訓練した心理社会ケアの専門員22人が、エボラ集団発生の影響を受けた家族を支援しています。ユニセフはまた、エボラに感染した親族を持つ23家族とその子どもに対して、家庭用品や食料を提供しています。

ユニセフは、安全な埋葬方法や手洗いの徹底などの感染を予防する習慣を促進するためにコミュニティと緊密に協力しています。ユニセフは、コミュニティ・リーダーと対話をしながら、各家庭を訪問し啓発キャンペーンも進めています。ムバンダカでは、706人のコミュニティワーカーが、エボラ感染予防に関する情報の発信やコミュニティの社会的参加を促すために活動しています。


トップページへ先頭に戻る