グアテマラ/フエゴ火山噴火:噴火の影響を受ける子ども65万人 メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

グアテマラ/フエゴ火山噴火
噴火の影響を受ける子ども65万人 ユニセフ、心のケア、保護などの支援実施へ

【2018年6月9日  グアテマラ/パナマ発】

ユニセフ(国連児童基金)とパートナー団体は、グアテマラのフエゴ山噴火の影響を受ける地域に暮らす65万人以上の子どもと若者が必要不可欠とする支援を提供するために活動しています。これまでに1万2,000人以上が避難を余儀なくされ、数百人の子どもを含む約3,700人が緊急避難所に身を寄せています。

心のケア、保護などの支援実施へ

20180609_Guatemala

© UNICEF/Guatemala

緊急避難所に身を寄せる人たち。

「このような緊急事態では、子どもたちが適切な食事や栄養、保健、保護、安全な水や衛生環境を得られない可能性があります」とユニセフ・グアテマラ事務所代表のカルロス・カレラは述べました。「避難所に暮らす子どもたちを含めて、影響を受けている子どもたちが、確実に健康を維持し、病気や暴力から守られるようにしなければなりません」

グアテマラのユニセフチームは、子どもたちとその家族が緊急に必要としている支援および支援活動の調整を図るために、政府およびパートナー団体と共同で現状調査を実施し、以下を含む支援活動の調整をしています。

  • 影響を受けている子どもたちとその家族に対する心理社会的ケアの提供
  • 家族と離ればなれになってしまった子どもたちに対する家族との再会の支援
  • 避難所に暮らす子どもたちの確実な保護
  • 水と適切な衛生環境の提供
  • 子どもにやさしい空間の設置
  • 子どもたちへの適切な栄養支援、乳幼児には母乳育児の効果を訴求
  • 教育の継続および可能な限り速やかな学校の再開を確実にする

トップページへ先頭に戻る