コンゴ民主共和国:エボラ出血熱終息宣言 メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

コンゴ民主共和国 
エボラ出血熱終息宣言 今後に備え、監視システムの強化必要

【2018年7月24日  キンシャサ(コンゴ民主共和国)発】

コンゴ民主共和国政府は本日、エボラ出血熱の終息を宣言しました。北西部の赤道州でエボラ出血熱の集団発生が発表されてから11週間。ユニセフ(国連児童基金)は、保健省の調整のもと協働して感染拡大予防対策に取り組んだことが、成果を上げる要因になったと賞賛しました。

迅速な予防対策が感染拡大を抑える

On 30 May 2018 in the Democratic Republic of the Congo, students attending primary School “Vie Nouvelle” in Wangata neighbourhood must wash their hands and then have their temperature screened with a UNICEF-provided infrared thermometer before entering the school, in order to reduce the risk of Ebola Virus Disease (EVD) transmission in Mbandaka, the capital of Equateur Province. Since the start of the EVD outbreak in the country, UNICEF and its partners have reached more than 300,000 people with lifesaving information about how to avoid contracting the deadline virus. Following the announcement by the Government of the Democratic Republic of the Congo (DRC) on 8 May 2018 of a new Ebola outbreak in Equateur Province, UNICEF has mobilised its teams to help contain the spread of the disease. The outbreak was declared in the Bikoro Health Zone, located more than 100 kilometers south of the provincial capital of Mbandaka. A UNICEF team with two doctors, a specialist in water, sanitation and hygiene as well as a specialist in community communication left today from Mbandaka to assess the extent of the epidemic and begin implementing the response, alongside the Government and the World Health Organization (WHO). This is the ninth Ebola outbreak in the country since 1976. UNICEF supports the Government in its coordination of the response both from the country’s capital Kinshasa as well as in the affected area. UNICEF has been active in the Equateur Province for many years. Based on its experience in previous Ebola epidemics, UNICEF is focusing its response on communication activities in the communities to protect people from the disease and on water supply, hygiene and sanitation to prevent the spread of the disease. UNICEF has already sent a total of 45 kg of chlorine, five sprays, 50kg of soap and 28,000 water purification tablets to the area, as well as 600 posters and 6,000 leaflets to educate affected communities.

© UNICEF/UN0216104/Shadid

教室に入る前に体温検査を受ける子どもたち。(2018年5月30日撮影)

5月8日にビコロ(Bikoro)保健区でエボラが集団発生した直後から、コンゴ民主共和国のユニセフ・チームは、子どもの保護に焦点を当てた、感染拡大予防対策を迅速に開始しました。保健省、世界保健機関(WHO)などのパートナー団体と協力しながら、ユニセフは感染拡大を防ぐ活動として、情報提供やコミュニティを動員する啓発活動、水の供給および衛生管理の推進、また感染の影響を受ける家族に対する心理社会的ケアの提供を中心に行いました。

「コンゴ民主共和国政府の調整のもと、すべてのパートナー団体が協力できたことで、私たちはコミュニティを巻き込み、病気の感染拡大を抑えるために必要な行動や習慣を適応させることに成功しました」とユニセフ・コンゴ民主共和国事務所代表であるジャンフランコ・ロティグリアーノは述べました。「しかし、私たちは監視システムを強化して、今後のエボラの集団発生に備え続けなければなりません。地域での新たな流行を防ぐためには、情報提供とコミュニティの積極的関与が必要不可欠なのです」

エボラ出血熱の緊急支援のために、ユニセフは1,000万米ドル近くを確保するとともに、米国政府、日本政府、カナダ政府、世界銀行、国連、EU、CERFやGAVIを含む多くのドナーからも資金提供を受けました。

コンゴ民主共和国における今回のエボラ出血熱の集団発生は、1976年に初めてウイルスが発見されて以来9度目となります。


トップページへ先頭に戻る