メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

南スーダン
子ども兵士100人以上、武装勢力から解放 今年4回目、計900人解放、さらなる解放に期待
ユニセフ、社会復帰プログラムを支援

【2018年8月7日  ヤンビオ(南スーダン)発】

7日、南スーダンの2つの武装グループは、100人以上の子どもたちを解放しました。これで、今年に入って解放された子どもの数は900人を超えました。

さらなる解放に期待

On 7 August 2018 in Yambio in South Sudan, children stand during a ceremony that released more than 100 children by two armed groups. More than 100 children were released by two armed groups in South Sudan in Yambio in South Sudan on 7 August 2018, bringing the total number released in 2018 to over 900. During the ceremony, children were formally disarmed and provided with civilian clothes. Medical screenings will now be carried out, and the children will receive counselling and psychosocial support as part of the reintegration programme, which is implemented by UNICEF and partners.  This was the fourth release ceremony in 2018 and like two previous events, it took place in the town of Yambio in the south of the country. Additional releases are expected in the coming months.  When the children return to their homes, their families will be provided with three months’ worth of food assistance by the World Food Programme to support their initial reintegration. The children will also be provided with vocational training aimed at improving household income and food security. Being unable to support themselves economically can be a key factor in children becoming associated with armed groups. In addition to services related to livelihoods, UNICEF and partners will ensure the released children have access to psychosocial support, age-specific education services in schools and accelerated learning centres.  The majority of the 128 (90 boys; 38 girls) children released were from the ranks of the South Sudan National Liberation Movement (SSNLM) – which in 2016 signed a peace agreement with the government and is now integrating its ranks into the national army – while a small number were released from the Sudan People’s Liberation Army-In Opposition (SPLA-IO).  Adequate funding for UNICEF’s release programme is also essential. UNICEF South Sudan requires US$45 million to support release, demobilization and reintegration of 19,000 children over the next three years

© UNICEF/UN0228034/

武装グループから解放され、式典に参加する子どもたち。(2018年8月7日撮影)

今年4回目の解放式典は、過去2回と同様に、南スーダン南部のヤンビオで行われました。今後数カ月に、さらなる解放が期待されています。

「今年のこれまでの成果は、現在も武装グループにより徴兵・徴用されている1万9,000人の子どもたち全員の解放を期待させるものです」とユニセフ・南スーダン事務所代表のマヒンボ・ムドエは述べました。「その目標が達成されるまで、子どもの徴兵・徴用を終わらせるための活動は続けなければなりません」

解放式典で、子どもたちは正式に武器を引渡し、軍服を脱ぎ、民間人の服を受け取りました。彼らは健康診断を受けた後、ユニセフとパートナー団体が提供する社会復帰プログラムで、カウンセリングや心理社会的ケアを受けます。

社会復帰プログラムを支援

式典に参加し、支援物資を受け取った子ども。(2018年8月7日撮影)

© UNICEF/UN0228033/

式典に参加し、支援物資を受け取った子ども。(2018年8月7日撮影)

子どもたちは家に戻るときに、社会復帰の初期段階の支援として、家族の3カ月分の食糧を世界食糧計画(WFP)から提供されます。その後、家庭の収入を増やしたり食べ物を十分確保できるよう、職業訓練を受けます。経済的に自立できないことは、子どもたちが武装グループと関係をもつ主要な要因になり得ます。こうした生計向上支援に加えて、ユニセフとパートナー団体は、解放された子どもたちが、心理社会的ケアや学校や学習センターで年齢に応じた教育を確実に受けられるよう支援します。

「これまでの子どもたちの解放は、ユニセフ、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)、および政府関係者が協力して努力した成果です。紛争当事者との交渉は、すべての関係者による多大な労力と決意を要するものです」とムドエは言いました。「私たちのパートナー団体ならびに政府の関係者の方々が、南スーダンの子どもたちのために尽力頂いたことに心から感謝します」

今回解放された子ども128人(男子90人、女子38人)のほとんどは、2016年に政府との和平合意に署名し、現在その兵士たちが政府軍に統合されている南スーダン人民解放運動(SSNLM)から、また少数がスーダン人民解放運動反対派(SPLA-IO)から解放されました。

ユニセフの解放プログラムには適切な資金が不可欠です。ユニセフは南スーダンで今後3年間に1万9,000人の子どもたちの解放、武装解除、および社会復帰の支援活動に4,500万米ドルを必要としています。


トップページへ先頭に戻る