メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

シリア・イドリブ
暴力の激化、行き場を失う子ども
何重もの苦難「これ以上耐えられない」 ユニセフ、政治的成果より子どもたち優先求める

【2018年8月9日  アンマン(ヨルダン)発】

「今ここで起きていることを説明することなんかできない。ここには水も食べものもなくて、恐怖の中で暮らしているの」。イドリブに暮らす12歳の女の子のランドさんはそう言って泣き出しました。

恐怖の中で暮らす子どもたち

On 20 March 2018 in Adra in eastern Ghouta in the Syrian Arab Republic, a UNICEF Syria child protection specialist holds 6-months-old baby Yusuf as his mother queued for services. Since 11 March 2018, more the 50,000 people have left Eastern Ghouta and thousands more are reported to be on exit points awaiting transportation to collective Shelters. In Adra, an estimated 5,400 people are currently staying in three schools-turned-shelters in the area, while over 13,000 have sought shelter in an abandoned institute, formerly used for electrical studies.  At the shelters, children and their families are living in the most basic conditions. Overcrowding and lack of existing water and sanitation systems are increasing families’ hardship. Many are forced to sleep out in the open, bearing the day’s scorching sun and the night’s dropping temperatures. Families have arrived to the shelters with very few personal belongings. UNICEF and partners were there to support in the four Adra shelters since families started arriving last week in what was the largest displacement from one location in one day, since the beginning of the Syrian conflict. Emergency water trucking is ongoing in all four shelters into water tanks installed by UNICEF. UNICEF has also installed pre-fabricated latrines at the three schools and is finalizing the installation of toilets and showers at the electricity compound. However, due to the huge influx of people on daily basis, sanitation remains a challenge. Three mobile health teams are providing primary healthcare services for children and mothers, including the provision of nutritional supplements to prevent and treat malnutrition as well as much-needed vaccinations. Most shelters do not have the capacity to accommodate the large number of people arriving. Some sites are not suitable to host IDPs and overcrowding is impeding needed shelter and WASH rehabilitation. As a result many families are staying out in the open and there are insufficient WA

© UNICEF/UN0187723/Sanadiki

ユニセフの子どもの保護専門官に抱かれる生後6カ月のユスフ君。(シリア・2018年3月20日撮影)

イドリブにはランドさんのような子どもが100万人以上います。戦争に疲れ果て、不安、暴力、さらなる避難に怯えています。多くの子どもたちが避難することを余儀なくされ、中には7回移動を強いられた子どももいます。ほとんどの子どもたちは郊外の過密した避難民キャンプや仮設住居に暮らしています。食料、水や医薬品が深刻に不足しています。これ以上の暴力の激化は、シリアで最も多くの国内避難民を受け入れている地域に大惨事を招くことになります。

14歳の女の子のサラさんは、学校で過ごす貴重な時間が、彼女にとっての唯一の心のよりどころだと言います。「学校に行けるのは週に1回か2回。学校の窓はすべて割れていて、きれいな水はありません」

さらなる暴力の激化が迫る中、イドリブの子どもたちは、他の地域の子どもたちと同様に、最初に最悪の被害を受けることになるでしょう。

「シリアの子どもたちはユニセフ(国連児童基金)に、もううんざりだと言いました。私たちは、紛争当事者、彼らに影響力のある者、そして政治的プロセスに関与している者に対して、何よりも子どものことを最優先するよう求めます」とユニセフ中東・北アフリカ地域事務所代表ヘルト・カッペラエレは述べました。「シリアの子どもたちは、さらなる暴力の波を耐えることはできないし、耐えるべきではありません。さらなる激しい戦闘やさらなる殺戮にもです」

サラさんやランドさんのような子どもたちはシリアのいたるところにいます。ユニセフは、このような子どもたちと彼らの必要としていることを優先し、せめて一度でも、子どもたちのことを、政治的、軍事的、および戦略的な成果や課題より重視することを求めます。子どもたちとシリアの運命はそのことにかかっているのです。


トップページへ先頭に戻る