メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

コンゴ民主共和国
エボラの予防対策情報250万人に提供 手洗いや衛生習慣の改善など
コミュニティーの積極的関与を促進

【2018年9月5日  キンシャサ(コンゴ民主共和国)/ダカール(セネガル)/ニューヨーク/ジュネーブ発】

コンゴ民主共和国東部で起こった直近のエボラ出血熱流行が始まって以降、ユニセフとパートナー団体がエボラの感染予防に関する情報を提供した住民は、245万4,000人に達しました。エボラに関する啓発・感染予防活動は、7つの保健区で、1,715人のコミュニティ・ワーカーをはじめ、各コミュニティと緊密に協力しながら展開しています。

エボラの予防対策情報の提供

On 10 August 2018,  children read an Ebola-awareness poster in North Kivu, the Democratic Republic of the Congo (DRC). Following the 1 August 2018 announcement by the Government of the Democratic Republic of the Congo (DRC) of a new Ebola Virus Disease (EVD) outbreak in North Kivu, UNICEF has mobilized its teams to help contain the spread of the disease and protect children.  The impact of an outbreak on children can be far reaching. It’s known from earlier outbreaks in the DRC as well as in West Africa that children can be affected in various ways. Children can themselves be infected by the disease, but the impact goes beyond; it impacts their families and communities as children can lose their parents, care-givers and teachers. Access to basic services such as health care and education can become severely compromised. Also, children who are infected or whose relatives are, face stigmatization and social exclusion.  The Congolese Government has activated its response plan and called its partners, including UNICEF, to participate in the response. UNICEF has deployed a team to Beni for the response, including health specialists, communication specialists and a water, sanitation and hygiene specialist from the Ebola-response team in the Province of Equateur. Health, water, sanitation and hygiene and communication supplies have been sent to the affected areas including 300 laser thermometers to monitor the health conditions of people in the affected region and 2,000 kg of chlorine to treat water to help contain the spread of the disease. As at 14 August 2018, UNICEF has installed 35 chlorination points, as well as handwashing units in 45 public places and in health facilities in the affected areas of Beni and Mangina in North Kivu.  UNICEF has supported the distribution of prevention posters and leaflets, and worked with communities, in public places and with local radio stations to promote safe hygiene and sanitation practices that help contain the spread of the

© UNICEF/UN0228959/Naftalin

北キブ州で、エボラ出血熱の啓発ポスターを読む子どもたち。(2018年8月10日撮影)

「エボラ熱およびその感染予防に関して知識を得たコミュニティが増えています」とユニセフ・コンゴ民主共和国事務所代表のジャンフランコ・ロティグリアーノは述べました。「感染の危険のあるコミュニティが積極的に関与することが、病気の感染拡大を止める鍵となるのです。私たちは、彼らと協力して、手洗いや正しい衛生習慣を促進し、尊厳のある安全な葬儀の受け入れ、そして感染の恐れがある人々の発見と支援に繋げる活動を行っています。

感染の恐れがある人々には、コミュニティによる働きかけ、口コミ、公共広告、ラジオ、家庭訪問、教会の集会、や若者グループを通じて呼びかけています。

コミュニティ・チームには、8人のエボラ・サバイバー(病気を克服した人)も参加し、コミュニティに対して、彼らの経験を共有し、エボラ出血熱に感染したような症状がある人を早期に発見し、治療することの重要性を強調して伝えています。

子どもがエボラ対策の中心に

北キブ州で、非接触型体温計での検温を受ける子どもたち。(2018年8月13日撮影)

© UNICEF/UN0229506/Naftalin

北キブ州で、非接触型体温計での検温を受ける子どもたち。(2018年8月13日撮影)

ユニセフは引き続き、エボラの対策の中心に子どもを据えています。ユニセフとパートナー団体は対策開始時から、地域当局と協力して以下の活動を行っています。

  • 影響力の高い指導者や異なる社会的・専門的ネットワークの代表2,560人に対して、コミュニケーション活動について説明し、参加を促進
  • エボラ予防接種対象の4,500人に対して、予防接種の効果について説明
  • 影響を受けている地域の50万人以上に対して、安全な飲料水を提供
  • エボラの影響を受けた、おとなの同伴者のいないあるいは親を亡くした子ども91人と101の家族を支援
  • エボラの影響を受けた家族や子どもたちを支援する心理社会ケア専門家150人以上に研修を実施
  • Mangina および Beniのエボラ治療センターの患者に対して栄養支援を確実にするために、栄養専門家7人に研修を実施し、センターに派遣
  • 北キブ州のマンジナ(Mangina)地域およびベニ( Beni)地域 の162校に対して、手洗いキット972セットを設置し、非接触型体温計324本を配布

ユニセフは、新年度が開始した学校における予防対策を継続しながら、コミュニケーション活動、水と衛生分野の活動、ならびに病気の影響を受ける家族に対する心理社会ケアを行っていきます。


トップページへ先頭に戻る