メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

アフリカ南部サイクロン
モザンビーク、ジンバブエ、マラウイで支援開始

【2019年3月22日  東京発】

本資料は、日本時間2019年3月18日夜から21日朝までに、ユニセフ(国連児童基金)現地事務所などから寄せられた報告を、日本ユニセフ協会広報室でまとめたものです。

* * *

On 21 March 2019 in Mozambique, men set up a UNICEF distribution tent at the Samora Michel High School  in Beira. This tent will be used to distribute needed supplies to people that has been displaced by the floods caused by Cyclone Idai. Cyclone Idai has affected many people living in the Beira and surrounding areas of Mozambique. Thousands of people have been displaced. As at 17 March 2019, more than 1.5 million people – around half of whom are estimated to be children – have been affected by severe flooding in Malawi and Mozambique, with the numbers set to rise as Cyclone Idai moves west and the impact of the cyclone becomes clearer, UNICEF warned today. The tropical cyclone, which is carrying heavy rains and winds of up to 170km/h (106mp/h) made landfall at the port of Beira, Mozambique’s fourth largest city, on Thursday 14 March, leaving the 500,000 residents without power and communications lines down. Across Mozambique, initial government figures estimate 600,000 people are affected of which 260,000 are children.  The cyclone moved across Mozambique to Zimbabwe over the weekend. Nearly 1.6 million people are estimated to live in areas that could be impacted by high winds and rainfall. While the full extent of the cyclone’s impact is not yet clear, it is likely to include damage to schools and health facilities; damage to water and sanitation infrastructure; impeding access to safe water for affected communities; thereby bringing a heightened risk of water-borne diseases, destruction of people’s homes, and increased protection risks, particularly for women and children. Since early March, flooding caused by the Tropical Cyclone Idai weather system has affected more than one million people and caused at least 145 deaths. UNICEF is working with partners to support the Governments of the affected countries to provide life-saving interventions to meet the needs of children and women impacted by the cyclone and floods. The response will include Health

© UNICEF/UN0291172/de Wet AFP-Services

モザンビークの被災者に、支援物資を配るためのテントを設置する人たち。

アフリカ南部で猛威を奮ったサイクロン「イダイ」による壊滅的な被害が明らかになる中、モザンビーク政府は、洪水で取り残され救出を待っている人が約1万5,000人に上ると発表。モザンビークのベイラ港で活動する支援関係者によれば、同港に備蓄された水は2~3日分しか残っていません。食料と安全な水の不足は、感染症など発生のリスクを高めます。モザンビークとジンバブエでは、これまでに約300人の死亡が確認されており、さらに犠牲者の数は増えるものと思われます。また、マラウイでは、国連の発表によると、サイクロンの影響を受けた8万人が避難を余儀なくされています。

20190322_Cyclone2

© UNICEF Zimbabwe/2019

ジンバブエの被災地に届けられる人道支援物資。

<モザンビーク>
被災地を訪問したユニセフ現地事務所の代表は、様々な緊急課題の中でも、ユニセフは、子どもたちを保護し心理社会的ケアを提供する「子どもにやさしいスペース」や子どもが教育を続けるための仮設教室用のテントの設置、基本的な医療ケア、ならびに安全な水の確保のための浄水錠の配布などに最優先で取り組むと語っています。

<ジンバブエ>
被災地のうち支援を届けるルートが確保できた地域で、医療物資、衛生用品、家庭用貯水タンク、石けん、浄水錠の提供を始めています。道路や橋の損壊により支援が届けられない地域に対しても、3月23日から、支援物資の空輸を開始します。

マラウイの子どもたちにスポーツキットを届けるユニセフの子どもの保護専門官。

© UNICEF/UN0291143/Gumulira

マラウイの子どもたちにスポーツキットを届けるユニセフの子どもの保護専門官。

<マラウイ>
数千袋の経口補水塩(ORS)と抗生物質、防虫処理を施したマラリア対策用の蚊帳数百張を含む物資を被災地に届けました。また、仮設トイレ12基、ボトル6,804本、石けん5,200個を含む水と衛生関連物資、病院用のベビーベッド20台、手持ち式超音波モニター17機、体温計27本、蚊帳200張を含む保健関連物資、ならびに仮設教室用テント50張、学用品等が入った「箱の中の学校」143セット、「子どもにやさしいスペース」用のレクリエーションキット101箱を含む教育支援関連物資を輸送中。現地災害管理予防局(DoDMA)に対し、ドローンを使った被害状況調査活動も支援しています。


トップページへ先頭に戻る