メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

4月25日は「世界マラリア・デー」
サイクロン「イダイ」の被害を受けたモザンビーク
マラリア感染1万4,800件以上確認 ユニセフ、蚊帳50万張配布開始

【2019年4月25日  ニューヨーク/ベイラ(モザンビーク)発】

ユニセフ(国連児童基金)は世界マラリア・デーの今日、モザンビークでサイクロン「イダイ」の最も激しい被害を受けた地域のひとつソファラ州において、3月27日以降1万4,800件以上のマラリアの症例が報告されていると発表しました。マラリアは、特に栄養不良に陥っている、あるいは免疫力が弱まっている子どもたちの健康を危険に晒しているとユニセフは警鐘を鳴らしています。

蚊の大量発生による感染増加懸念

22 April 2019. Lorenza Sulemane (23) sits with her baby Sulemane Childo (10 months old) and her son, Yezezu Childo (8) and her daughter Enesh Childo (6) under their mosquito net in a tent at the Picoco Accommodation Centre in Beira, Mozambique. She shares the tent with six people. The are from the Praia Nova Area in Beira and their home got destroyed during Cyclone Idai. They found temporary accommodation at the Agostino Neto School and were then moved to the Picoco Accommodation Centre.  She says that she uses the mosquito net to sleep under but that she does not know the reasons why she has to sleep under the mosquito net. On the 15th of March 2019, a cyclone ripped through central Mozambique. Heavy rains caused the banks of the Buzi river to break creating an ‘inland ocean.’ Floods tore through communities, destroying everything in their path. Thousands of standard families, many of them with young children, sought safety on top of high buildings waiting to be rescued.  Flooding has left pools of stagnant water around communities so humanitarian responders are bracing for a surge in Malaria cases, in the last two weeks alone, there have been over 12,000 cases of malaria reported across the disaster area.

© UNICEF/UN0303123/DE WET

6人が滞在する避難先のテントで、蚊帳の中に座る家族。(2019年4月22日撮影)

世界のすべての感染症の中でもマラリアは、3番目に多くの生後1カ月から5歳までの子どもの命を奪う病気です。モザンビークはサイクロンに見舞われる前から、世界のマラリア感染による死者の80%を抱える15カ国のうちのひとつでした。

「サイクロン『イダイ』が残した泥水や淀んだ水たまりが蚊の増殖に最適な環境となっていることから、マラリアの感染が今後さらに増加することが強く懸念されます」とユニセフ・モザンビーク事務所副代表ミシェル・ルペシュー(Michel Le Pechoux)は述べました。「このような状況は、病気を運ぶ蚊の大量発生を引き起こし、子どもたちを深刻な危機に晒すことになります」

ユニセフとパートナー団体は、マラリアの感染を防ぐための活動を強化しています。サイクロンの影響を受ける地域では、約100万張の蚊帳が必要とされ、ユニセフはこれまでに50万張を調達し、11万6,000張以上を届けました。また、防虫処理を施した蚊帳の配布に合わせて、保健省は予防キャンペーンの一環として、学校や保健センターにおいて消毒剤および虫除け剤の散布をおこなっています。

モザンビーク北部に今日上陸する可能性がある新しい熱帯サイクロン「ケネス」により、著しい影響を受ければ、状況はさらに悪化することでしょう。ユニセフは次の嵐に先駆けて、緊急要員と緊急物資をすでに配置しています。

モザンビークでは支援ニーズが極めて高い状態が続いており、100万人の子どもが支援を必要としています。ユニセフは今後9カ月間、モザンビーク、ジンバブエ、マラウイで嵐の影響を受けた子どもと家族に人道支援を提供するために1億2,200万米ドルの資金を必要としています。


トップページへ先頭に戻る