メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

イエメン
タイズへの攻撃で子ども7人犠牲
10日余りで子ども27人死傷 家も、学校も、つきまとう紛争「安全な場所ない」

【2019年5月26日  サヌア(イエメン)発】

イエメンにおける最近の暴力の激化により、子どもたちが犠牲になっていることを受け、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアは、子どもを保護するよう求める以下の声明を発表しました。

* * *

ユニセフ事務局長声明

先週金曜日、イエメン南部タイズ市のMawiyah地区が攻撃を受け、4歳から14歳の子ども7人が犠牲になりました。

今回の攻撃により、サヌアとタイズにおける暴力の激化により過去10日余りに死傷した子どもの数は27人となりました。この数字は国連が確認できた件数のみで、実際はさらに多いと思われます。

イエメンの子どもたちにとって安全な場所はありません。彼らは家にいても、学校にいても、公園にいても、紛争から逃れることはできないのです。

私たちは、イエメンのすべての紛争当事者と彼らに影響力のある者に対して、いかなるときも子どもたちを保護し、彼らを危険から遠ざけるよう、あらためて強く求めます。社会インフラ施設に対する攻撃を終わらせ、イエメンの平和を求める声に応えなければなりません。


トップページへ先頭に戻る