メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

イエメン
緊急現金給付支援、国全土900万人へ もっとも困窮する人々の命綱
食料や教育など基本的なニーズを支える

【2019年7月24日  サナア(イエメン)発】

紛争が始まって5年目に入っているイエメンで、人々の緊急のニーズに対応するための5回目の緊急現金給付支援がユニセフ(国連児童基金)によって行われ、同国全土で900万人近くが受給しました。

もっとも困窮する人々の命綱

25-year-old Uhood lives in an internally displaced people’s camp (IDP) in Lahj governorate, southern Yemen. She has fled her home in Taiz three years ago due to the intensive fighting. Uhood is a mother of two children, 3-year-old and four-month-old girls.   Currently, her husband works as a carrier; helping others carry their goods. Uhood said, “He manages to get money sometimes and sometimes come back home empty handed.” As a result, Uhood and her family eat less quality and quantity of food.  During her last delivery, November 2018, Uhood delivered her baby in a private hospital from 3 pm until 3 pm the next day. (normal delivery) “Because my body was weak, it took me a full day to deliver my baby as I was very week and could not push her.”  She said that her husband had to sell his motorbike, so he can buy the hospital’s fees, 35,000 YR (around 70 $). Her husband used to transport people on it to earn a living.  Uhood and her family are still living in the IDP camp in very poor conditions. Their main meal is bread with tea. Previously, they used to have yogurt and vegetables as well but they cannot afford it anymore. Besides her two daughters, Uhood once had another daughter who died last year when she was one year old. She died of acute watery diarrhea.

© UNICEF/UN0320297/Baholis

イエメン南部ラヒジュ県の国内避難民キャンプで、生後4カ月の娘を抱く母親。(2019年2月撮影)

イエメンで緊急現金給付支援プロジェクトが始まったのは2017年8月で、もっとも厳しい状況にある家庭のおよそ150万人を対象に、給付をおこないました。現金給付支援は、この国を破壊し経済状況を悪化させた現在の紛争によって困窮する人々にとって、命綱となってきました。こうした給付金は、もっとも貧しい家庭がとりわけ食料、保健、栄養、教育といった基本的なニーズを満たす助けになります。

今回の給付は、2019年6月16日から7月15日にかけて、5回目の「イエメン緊急現金給付プロジェクト」として実施されました。給付は3カ月ごとにあり、1家庭あたり平均で30米ドル相当の現地通貨が、もっとも緊急に必要なものを手に入れるために支給されます。

「このプロジェクトで受け取った現金で、小麦、砂糖、油、その他の食料品を買いました。大きな金額ではないですが、生活費や食費の助けになります。私たちは昼食や夕食を待つように、この給付を首を長くして待っています」と夫を亡くし子ども5人とイエメンの首都サナア郊外で暮らすファティマさん(55歳)は話しました。

緊急現金給付プロジェクトは、世界銀行や英米各政府からの拠出や融資によって賄われています。

家族の生存を支える現金給付

国内避難民キャンプで生活する男の子。(2019年3月撮影)

© UNICEF/UN0320193/Baholis

国内避難民キャンプで生活する男の子。(2019年3月撮影)

イエメンのほとんどの家族は財産を使い果たしており、生きるために、子どもたちは児童婚や児童労働を強いられています。多くの子どもたちが、自分たちが起こしたわけではない紛争の中で戦っています。緊急現金給付は、家族たちの生存を支えています。しかし、ニーズは膨大で、もっと多くのニーズに対応する必要があります。

子どもたちの苦しみを軽減させるには、この紛争を終わらせ、日常生活を取り戻し回復できるよう支える必要があります。そしてその間にも、国際社会はあらゆる分野において子どもたちの緊急ニーズに応えるために支援を続けなければなりません。


トップページへ先頭に戻る