メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

バハマ
大型ハリケーン被災地へ
ユニセフ支援物資1.5トンが到着

【2019年9月7日  ナッソー(バハマ)/パナマシティ(パナマ)/ニューヨーク発】

本日、ユニセフ(国連児童基金)は、バハマを直撃したハリケーンの影響を受けた子どもとその家族の命を守る支援物資およそ1.5トン分が、ナッソーに到着したと発表しました。その中には、9,500人以上の子どもたちに安全な飲料水を確保するための物資が含まれます。

大型ハリケーン被災地へ支援物資が到着

On 7 September 2019 in Bahamas, the first shipment of UNICEF emergency supplies arrive at the Nassau International Airport, along with IFRC supplies via UPS aircraft.  The nearly 1.5 tons of lifesaving supplies are for families left reeling by the impact of Hurricane Dorian. The UNICEF supplies include over 400,000 water purification tablets, several 5,000-liters tanks for at least 2,000 people and 1,000 jerry cans. These supplies will be distributed to the affected communities in the coming days.The first shipment of UNICEF Emergency Supply arrives at the Nassau International Airport, along with IRC supplies, via UPS aircraft. The Bahamas. On 1 September 2019, Category-5 Hurricane Dorian hit Abaco and Grand Bahama islands in the Bahamas, leaving behind a path of destruction unprecedented in this Caribbean country. As of 5 September, the death toll had reached 30 but the number of casualties could be significantly higher as search and rescue operations continue. Given the extremely challenging logistics, Rapid Needs Assessment Teams have only been able to conduct aerial reconnaissance, but ground assessments are still pending to grasp the extent of the disaster and the situation of the population. UNICEF was able to reach Abaco island on 6 September to witness the extent of the destruction. Authorities estimate that at least 68,000 people have been exposed to the disaster in Grand Bahama and Abaco, among them around 18,000 are children and adolescents. Considering the extensive damages and access constraints, safe water, food, health care, non-formal education activities and psychosocial support for children and adolescents are the envisaged priority needs.

© UNICEF/UN0341916/Noorani

ナッソーの空港に到着したユニセフの緊急支援物資。(2019年9月7日撮影)

このユニセフの人道支援物資の第一便は、国際赤十字社・赤新月社連盟によって輸送されました。支援物資には、浄水剤40万錠、少なくとも2,000人分(複数の5,000リットルタンク)となる水タンク、ジェリー缶1000個が含まれ、数日中に被害を受けたコミュニティへ届けられる予定です。

ユニセフは本日、アバコ島や北部のグランドバハマ(Grand Bahama)島の推定1万8,000人の子どもたちがハリケーン「ドリアン」の被害を受けており、その多くが緊急人道支援を必要としていると発表しています。この数値は、カリブ災害緊急対策機関 (CEDMA:Caribbean Disaster Emergency Management Agency)によって公表された数字を元に算出しています。

先週の金曜日(9月6日)、ユニセフは、ハリケーン「ドリアン」により最も甚大な被害を受けたアバコ(Abaco)島に入ることができました。現地入りしたチームは、広範囲にわたって破壊され荒廃した様子を確認しています。アバコ島のマーシュハーバー内外では、学校や病院はなぎ倒され、家は倒壊し、道路はひび割れ、飛ばされた車やボートが木にひっかかっています。

「このハリケーンにより、子どもたちとその家族は家や親戚、生計の手段を失い、手元に残ったのは、わずかな水と食料だけです」と、ユニセフ・ラテンアメリカ・カリブ海諸国地域事務所副代表のユースフ・アブデル・ジェリルは述べました。「命を守る支援は、時間との戦いとなっています。発生から5日経った今、特に子どもや母親たちにとって安全な飲料水が、最も緊急に必要であり、重要な支援物資なのです」。

被害に遭った家族を守る支援を

甚大な被害を受けたアバコ島の様子。(2019年9月8日撮影)

© UNICEF/UN0342302/Noorani

甚大な被害を受けたアバコ島の様子。(2019年9月8日撮影)

上空からの観測と被害予備評価によれば、洪水が、アバコ島とグランドバハマ島の水と衛生システムに被害をもたらす可能性がある、といいます。安全な水と適切な衛生環境が失われることで、子どもたちとその家族が水に起因する病気にかかる危険にさらされます。

「現地の被害の全容は、現在も調査中ですが、予備評価によれば、アバコ島では、道路、港、その他の交通関連施設の一部、あるいは全体が破壊された状態である地域が、複数あるとしています。こうしたインフラの被害により、人道支援物資の輸送が非常に困難になっています。最も社会的に弱い立場に置かれた家族、とりわけ子どもたちへ、物資を届けることは、極めて困難なのです」と、アブデル・ジェリルは付け加えます。

ユニセフの緊急支援チームは、ハリケーン「ドリアン」被害の直後にバハマへ派遣されました。そして本日、最も被害の大きかったアバコ島のマーシュハーバーで、国連合同の即時評価ミッションが展開され、保健、教育、避難施設といった不可欠なサービスへのアクセスについて調査が行われました。

ユニセフは、他国連機関や、人道支援団体と協力し、バハマ政府とともに、被害に遭った家族の命を守る支援を、可能な限り迅速に届ける活動を始動し、継続しています。

ユニセフは、安全な飲料水、衛生施設、栄養、心理社会的支援、非公式教育へのアクセスを含む、バハマ全域の子どもたちやその家族の緊急のニーズに応え、さらにこの人道支援を拡大するために、400万米ドルを要請しています。


トップページへ先頭に戻る