メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

11月12日は世界肺炎デー
肺炎で亡くなる5歳未満児、年間80万人
ほとんどは2歳未満で死亡 ユニセフなど諸機関が警鐘

【2019年11月12日  ロンドン/ニューヨーク/バルセロナ発】

2018年に、肺炎を原因として、39秒にひとりに相当する80万人以上の5歳未満の子どもが命を落としました。このうち、ほとんどの子どもは2歳未満で死亡し、約15万3,000人は生後1カ月以内で亡くなりました。*1

5歳未満児の死因第1位が肺炎

アフガニスタンの病院で、肺炎と栄養不良の治療を受ける生後10か月のオミッドちゃん。(2109年1月撮影)

© UNICEF/UN0280720/Hashimi AFP-Services

アフガニスタンの病院で、肺炎と栄養不良の治療を受ける生後10か月のオミッドちゃん。(2109年1月撮影)

この忘れられた感染症について警鐘を鳴らすため、保健や子どもの専門機関6機関が本日、世界規模での行動を呼びかけます。*2 また2020年1月には、世界の指導者たちを迎えて、スペインで小児肺炎に関するグローバルフォーラムを開催します。

2018年の5歳未満児の死因第1位が肺炎でした。なお、5歳未満の子ども43万7,000人は下痢、27万2,000人はマラリアにより死亡しました。ユニセフ事務局長のヘンリエッタ・フォアは次のように述べました。「毎日、5歳未満の子ども約2,200人が、治癒可能でほとんどが予防可能な肺炎で亡くなっています。この病気と闘うためには、世界規模での積極的な取り組みと投資の増加が不可欠です。子どもたちの元へ、費用対効果の高い保護、予防、治療の支援を届けることによってのみ、何百万人もの命を真に救うことができます」

ワクチンと予防接種のための世界的同盟(GAVI)事務局長セス・バークレーは次のように述べています。「この予防可能で、治療可能で、診断が容易な病気が、依然として世界の幼児の死因の1位であることは、率直に言って衝撃的です。過去10年間で大きな進歩を遂げ、世界で最も貧しい国々の何百万人もの子どもたちが今、命を救う肺炎球菌ワクチンを接種しています。主にGAVIの支援のおかげで、低所得国における肺炎球菌ワクチンの接種率は世界平均を上回りましたが、すべての子どもがこのワクチンを接種できるようにするためにはさらなる取り組みが必要です」

小児肺炎による死亡を減らすために

生後17日で肺炎の症状が現れ、8日間入院したバングラデシュのスマイヤちゃん。(2018年4月撮影)

© UNICEF/UN0233044/Mawa

生後17日で肺炎の症状が現れ、8日間入院したバングラデシュのスマイヤちゃん。(2018年4月撮影)

肺炎のために運用できる資金は、他の病気よりもはるかに限られています。 5歳未満の子どもの死亡の15%を引き起こす病気にもかかわらず、肺炎に割り当てられている、感染症研究における世界の支出は3%に留まっています。

ユニセフをはじめとする諸機関は共同で行動を呼びかけ、次のことを促します。

  • もっとも影響を受けている国々の政府は、小児肺炎による死亡を減らすために肺炎を予防・治療する戦略を策定・実施する。そして、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)の一環として、プライマリ・ヘルスケア(地域保健)へのアクセスを拡大する。
  • より所得の高い国々、世界のドナー、民間企業の力を借り、主要なワクチンの費用を削減し、GAVIによる予算の補充を確保することで予防接種率を高める。また、肺炎の調査や革新的な取り組みのための資金を増やす。

 

* * *

注記:

コンゴ民主共和国の国内避難民キャンプで診察を受ける子ども。地域保健員が肺炎などの予防可能な病気から子どもたちを守る保健サービスを提供する。(2018年12月撮影)

© UNICEF/UN0270018/Prinsloo

コンゴ民主共和国の国内避難民キャンプで診察を受ける子ども。地域保健員が肺炎などの予防可能な病気から子どもたちを守る保健サービスを提供する。(2018年12月撮影)

*1 WHO(世界保健機関)および母子疫学推計グループ(Maternal and Child Epidemiology Estimation Group:MCEE)の中間推定値と2018年の子どもの死亡率推計に関する国連の機関間グループ推定値に基づいた、ユニセフの分析(2019年9月)によるもの。

*2 ISGlobal、セーブ・ザ・チルドレン、ユニセフ、Every Breath Counts、ユニットエイド(Unitaid)、およびGAVIは、肺炎に取り組むため、高まん延国およびドナーによる具体的な行動を求めています。ラ・カイシャ財団(“la Caixa” Foundation)、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、米国国際開発庁(USAID)とともに、1月29〜31日にスペインで小児肺炎に関するグローバルフォーラムを開催します。

2018年に5歳未満の子どもが肺炎で死亡した上位15カ国は次のとおりです。

 

国名

5歳未満の子どもの

肺炎関連死亡の推定数(2018年)

ナイジェリア 162,000
インド 127,000
パキスタン 58,000
コンゴ民主共和国 40,000
エチオピア 32,000
インドネシア 19,000
中国 18,000
チャド 18,000
アンゴラ 16,000
タンザニア 15,000
ソマリア 15,000
ニジェール 13,000
マリ 13,000
バングラデシュ 12,000
スーダン 11,000
全体 802,000

※WHO(世界保健機関)および母子疫学推計グループ(Maternal and Child Epidemiology Estimation Group:MCEE)の中間推定値と2018年の子どもの死亡率推計に関する国連の機関間グループ推定値に基づいた、ユニセフの分析によるもの。

【関連ページ】


トップページへ先頭に戻る