メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

シリア北西部
子ども50万人避難の人道危機 暴力激化と寒さで1月以降子ども77人死傷

【2020年2月18日  ジュネーブ/アンマン/ニューヨーク発】

シリア北西部における暴力激化により、50万人以上の子どもが避難を強いられています(注)。何万人もの子どもとその家族が、極寒の気候と雨の中、テント生活や野宿をして暮らしています。

1月以降子ども77人死傷

トルコ国境近くの非公式居住区で、厳しい寒さの中テントの外に立つ子どもたち。(2020年2月13日撮影)

© UNICEF/UNI296658/Alshami

トルコ国境近くの非公式居住区で、厳しい寒さの中テントの外に立つ子どもたち。(2020年2月13日撮影)

「3日間歩き続け、今はテントで暮らしています。持ち物はすべて雨と泥でびしょ濡れになりました」と語るのは、イドリブ県のサラケブ出身で、最近避難しアレッポに暮らす母親のナディア(仮名)です。「緊急手術が必要な病気を患っている子どもがいますが、手術代を払う余裕はありません。息子が死んでも、私にできることは彼を埋めることだけです」

地域での暴力激化により、今年の初めからこれまでに、77人の子どもが死傷(28人が死亡、49人が負傷)したことが確認されました。

「シリア全体の厳しい状況を基準にしても、北西部の現状は到底受け入れられるものではありません」とユニセフ(国連児童基金)事務局長のヘンリエッタ・フォアは述べました。「子どもと家族は、暴力、厳しい寒さ、食料不足、そして劣悪な居住環境から逃れられずにいます。人々の安全と幸福が軽んじられているこの状態が続いてはなりません」

昨日、ユニセフは、アレッポ県西部に残された最後の2つの病院が攻撃をされたという報告を受けました。そのうちの1つは、母子医療のための病院です。

ユニセフとパートナー団体による支援

激化する紛争から逃れ、イドリブ県南部のサラケブとアリハからトラックの荷台に乗り避難する家族。(2020年1月27日撮影)

© UNICEF/UNI286347/Abdoullah

激化する紛争から逃れ、イドリブ県南部のサラケブとアリハからトラックの荷台に乗り避難する家族。(2020年1月27日撮影)

ユニセフは、現地のパートナー団体と協力し、最近避難を余儀なくされた人々を含む、支援を必要とする家族に命を救う支援を提供し続けています。この支援には、衛生キット、安全な飲料水、冬用の暖かい衣類、栄養不良の検査と治療、および教育と心理社会的サポートが含まれます。

また、特に予防接種の機会を逃した子どもたちのためにワクチンを提供しています。そして、ワクチンの品質を維持するためのコールドチェーンなど、予防接種キャンペーンを実施するために必要な機器も提供しています。

「シリア北西部で起こっている殺りくは、今も子どもたちに過酷な犠牲を強いています。いまこそ銃声と暴力から決別するときです」(フォア)

 

* * *

注記:2019年12月1日以来。国連人道問題調整事務所(OCHA)情勢レポートに基づく。


トップページへ先頭に戻る