メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

新型コロナで予防接種中断
はしか流行のおそれ 世界予防接種週間

【2020年4月25日  ニューヨーク発】

ワクチンが開発されるのを世界中が待っている間も、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは世界で広がり続けています。何百万人もの子どもたちが、予防接種サービスの中断により、はしか、ジフテリア、ポリオの予防接種を逃してしまうリスクに晒されています。WHO(世界保健機関)の発表した指針(注1)に従い、大部分の国がポリオの予防接種キャンペーンを中断し、25カ国がはしかの予防接種キャンペーンを延期しました。

新型コロナで予防接種中断

キエフ中心部にある総合病院で、はしか、おたふく風邪、風疹の混合ワクチンを受ける1歳のデイビットちゃん。(ウクライナ、2019年4月撮影)

© UNICEF/UN0302002/Filippov

キエフ中心部にある総合病院で、はしか、おたふく風邪、風疹の混合ワクチンを受ける1歳のデイビットちゃん。(ウクライナ、2019年4月撮影)

COVID-19のパンデミック前でさえ、はしか、ポリオ、その他のワクチンは、毎年1歳未満の子ども約2,000万人に届いていませんでした。2018年には、世界で1歳未満の子ども1,300万人以上が予防接種をまったく受けておらず、その多くは保健システムの脆弱な国に暮らす子どもです。現在の混乱を考えると、これは2020年以降、壊滅的な大流行を招くおそれがあります。

「代償はこれまでにないほど大きくなっています。COVID-19が世界で広がり続ける中、子どもたちにワクチンを届けて命を守る活動は重要です」とユニセフの緊急保健支援上級アドバイザーであり予防接種部門チーフのロビン・ ナンディは述べました。「パンデミックがもたらした予防接種サービスの混乱により、何百万人もの幼い命が脅かされているのです」

 

【はしかの1回目の予防接種を受けなかった子どもの数/先進国上位10カ国(2010年–2018年)】(注2)

1 米国 286万8,000人
2 フランス 68万人
3 イギリス 58万5,000人
4 イタリア 48万2,000人
5 日本 38万6,000人
6 カナダ 36万3,000人
7 ドイツ 19万5,000人
8 オーストラリア 15万5,000人
9 チリ 15万5,000人
10 スペイン 14万1,000人

ユニセフの分析によると、2010年-2018年にはしかの1回目の予防接種を受けなかった子どもは世界で推定1億8,200万人(年間平均2,030万人)に上ります。これは、世界平均で1回目の予防接種率が86パーセントに留まっているからで、はしかの流行を防ぐために推奨される95パーセントをはるかに下回っています。予防接種を受けていない子どもが増えたことで、2019年には米国、イギリス、フランスなどの高所得国を含む国々で、はしかが流行しました。

低所得国で予防接種率の低さ深刻

マハジャンガで行われた、はしかの予防接種キャンペーンの様子。(マダガスカル、2019年4月撮影)

© UNICEF/UN0297001/Andrinivo

マハジャンガで行われた、はしかの予防接種キャンペーンの様子。(マダガスカル、2019年4月撮影)

低所得国の間では、COVID-19の前からはしかの予防接種率の低さはすでに憂慮されていました。2010年-2018年に、はしかの1回目の予防接種を逃した1歳未満の子どもの数が最も多かったのはエチオピアで、約1,090万人でした。続いて多かったのは、コンゴ民主共和国(620万人)、アフガニスタン(380万人)、チャド、マダガスカル、ウガンダ(それぞれ約270万人)でした。

ユニセフが新たにデータ化した地域別の予防接種率(注3)によると、はしかのみならず、予防接種率の低さはすでに深刻でした。アフリカでは、出生数の増加と予防接種サービスの停滞により、過去数年間で予防接種を逃した子どもの数は増えています。例えば、西部・中部アフリカはすべての地域の中で最も低く、ジフテリア、破傷風、百日咳の3種混合ワクチン(DTP3)の予防接種率が70パーセントに留まっています(ポリオは70パーセント、はしかは71パーセント)。これにより、コンゴ民主共和国などの国々ではしかやポリオが繰り返し流行しています。一方、南アジアでは、推定320万人の子どもが2018年に全く予防接種を受けませんでした。また、東部・南部アフリカでは、未接種の子どもの数は過去10年間ほぼ横ばいで、約200万人です。現在、これらの地域はいずれも、COVID-19と闘っています。

流行地域に不可欠なワクチンを提供

エンテベ国際空港に到着した二価経口ポリオワクチン(bOPV)。(ウガンダ、2020年4月24日撮影)

© UNICEF/UNI324548/Ntabadde

エンテベ国際空港に到着した二価経口ポリオワクチン(bOPV)。(ウガンダ、2020年4月24日撮影)

ユニセフは、通常の供給に追加して、流行のある地域に不可欠なワクチンを提供しています。例えばコンゴ民主共和国では、政府を支援し、北キブ州での予防接種活動を継続するためのワクチンと防護具を提供しています。北キブ州では1月1日以来、はしかの感染例が3,000件以上報告されています。また、ウガンダでは、1歳未満の子ども90万人に予防接種を行うため、二価経口ポリオワクチン(bOPV)を384万2,000回分調達しました。子どもたちは、1歳になる前にポリオワクチンを3回受けます。

世界が新しいCOVID-19のワクチン開発に向けて励む中、ユニセフとはしか・風疹イニシアチブ、GAVIアライアンスのパートナー団体は、各国政府と世界のご支援者に対し、以下のことを求めます。

  • 医療従事者と地域の安全を守りながら、予防接種サービスを継続する
  • パンデミック後に向けて、予防接種を逃したすべての子どもたちのために予防接種事業の強化計画を立てる
  • 将来の予防接種プログラムをサポートするGAVIアライアンスを支援する
  • COVID-19のワクチンが利用できるようになったら、それを最も必要としている人々に届くようにする

* * *

 

(注1) Protecting lifesaving immunization services during COVID-19: New guidance from WHO

(注2) ユニセフとWHOによる、194カ国とパレスチナの2018年の国別予防接種率の推定値データに基づいています。

(注3) ユニセフは、世界の予防接種率の傾向などを地域別にまとめたPDF資料を発行しました。


トップページへ先頭に戻る