メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2021年 >

南スーダン
子ども450万人が最悪の人道危機下 独立から10年、薄れる希望

【2021年7月6日  ニューヨーク/ジュネーブ/ナイロビ/ジュバ発】

南スーダンの独立10周年を前に、ユニセフ(国連児童基金)は、同国では子どもの3人に2人に相当する450万人という記録的な数の子どもたちが、人道的支援の必要性が非常に高い切迫した状況にあると、警鐘を鳴らしました。

独立から10年、薄れる希望

報告書『「私たちの叫びに応えて」- 緊急支援を待つ南スーダンの子どもたち(原題:” Respond to our cry – Children’s urgent needs for help in South Sudan)』

報告書『「私たちの叫びに応えて」- 緊急支援を待つ南スーダンの子どもたち(原題:Respond to our cry – Children’s urgent needs for help in South Sudan)』

ユニセフは、報告書『「私たちの叫びに応えて」- 緊急支援を待つ南スーダンの子どもたち(原題:Respond to our cry – Children’s urgent needs for help in South Sudan)』の中で、独立によってこの国の子どもたちに新たな夜明けが訪れるという期待は薄れていると伝えています。暴力と紛争の繰り返し、気候変動による洪水や干ばつなどの異常気象、経済危機の悪化などにより、食料不足が極めて深刻化し、世界最悪の人道危機のひとつとなっています。最近の和平合意は部分的にしか実施されておらず、これまでのところ、この国の子どもや若者が直面している課題を改善することはできていません。

ユニセフ事務局長のヘンリエッタ・フォアは、「2011年に国が誕生したときに南スーダンの子どもたちや家族が感じていた希望や楽観は、徐々に落胆と絶望に変わってきています。今南スーダンの10歳の子どもたちの多くは、暴力、危機、権利侵害に苦しみ続ける子ども時代を送っています」と述べました。

約830万人に人道的支援が必要

休校中に行われたユニセフのワークショップに参加する15歳のマーガレットさん。(南スーダン、2021年3月撮影)

© UNICEF/UN0430065/Naftalin

休校中に行われたユニセフのワークショップに参加する15歳のマーガレットさん。(南スーダン、2021年3月撮影)

南スーダンでは約830万人が人道的支援を必要としており、これは2013年から2018年にかけての内戦時に見られたレベル(610万人から750万人)をはるかに上回っています。南スーダンは子どもの死亡率が世界でも最も高い国のひとつで、10人に1人が5歳の誕生日を迎えられないと言われています。

特に懸念されるのは、深刻な食料不安です。今年は約140万人の子どもたちが急性栄養不良に陥ると予測されており、これは2013年以降で最も高い数字です。また、これまでで最も多い30万人以上の子どもたちが、最も深刻な栄養不良状態に陥り、治療が行われなければ命を落とす危険性があると見られています。

また教育へのアクセスが制限され、中途退学率が高いため、280万人の子どもたちが学校に通っていません。学校に通っていない子どもの割合は、学齢期の子どもの70%を超え、世界で最も高い割合となっています。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる14カ月間の学校閉鎖により、さらに200万人の子どもたちが学校に通えませんでした。

十分な資金が得られず

栄養不良、下痢、発熱、嘔吐の症状があり入院していたが、治療のおかげで回復しつつある生後7カ月の赤ちゃん。(南スーダン、2021年5月撮影)

© UNICEF/UN0475235/

栄養不良、下痢、発熱、嘔吐の症状があり入院していたが、治療のおかげで回復しつつある生後7カ月の赤ちゃん。(南スーダン、2021年5月撮影)

不安定な状況は続いていますが、ユニセフは、子どもたちの急性栄養不良のスクリーニングと治療を拡大するためパートナーと協力して活動しており、2021年には140万人の子どもたちを支援できる見込みです。清潔な水へのアクセスや衛生環境の改善、基本的な保健ケアへのアクセスの確保も、教育へのアクセスとともに、ユニセフの最優先事項のひとつです。

しかし、資金は依然として不足しています。ユニセフは今年、最も厳しい状況にある子どもたちを支援するために、1億8,000万米ドルを必要としています。今年の半分が過ぎた時点で、この要請に対する資金支援は3分の1に過ぎず、より広範な人道支援計画も同様に資金不足に陥っています。支援ドナーは南スーダンへの予算をすでに削減したか、まもなく削減すると通告しています。南スーダンはこれから、収穫が少なく洪水のリスクが高まる季節に入り、危機はさらに悪化するでしょう。早急に対策を講じなければ、命が失われることになります。

「ユニセフをはじめ人道支援機関が十分な資金が得られなければ、子どもたちや家族には何の支援も届かないことになります」とユニセフ南スーダン事務所代表のアンドレア・スレイは訴えます。「家族を脅かし、人道的アクセスを妨げる暴力や情勢不安が広がり、十分な資金がない状態が続けば、保健センターや栄養センターは閉鎖され、井戸は修理されず、ワクチン用冷蔵庫の電力を供給する発電機の音もすぐに消えてしまうでしょう」

 

* * *

「子どもとしての権利をください」

南スーダン独立から10年の節目を前に、南スーダンの17歳の女の子、クリスティーヌ・サイダさんが、国連の定例記者会見において、子どもたちの現状を訴えました。

クリスティーヌさんは、南スーダンでユニセフの子どもレポーターを2年間務めています。子どもレポータープログラムは、子どもたちが自分たちの生活に影響を与えるあらゆる問題について意見を表明できるよう、ユニセフが立ち上げたものです。

クリスティーヌさんはこう述べました。

「今週末に建国10周年を迎える南スーダンで、私たち子どもがどのように生きているのかについて、少しお話したいと思います。私の話は、私の身近で見たことや、最近訪れたピボール州での経験に基づいています。ピボール州は、南スーダンが直面している危機の影響を最も受けている地域のひとつです。

私たちの国では、子どもたちが尊重されていません。学校に行く権利、食べる権利、守られる権利、安全に過ごす権利など、多くの権利が尊重されていません。

南スーダンの子どもたちは、子どもの拉致、地域紛争、避難生活、暴力、ジェンダーに基づく暴力など、たくさんの危機に直面しています。洪水や暴力が子どもたちの状況を悪化させ、栄養不良の蔓延を深刻化させています。

ほとんどの人が、人道的支援に頼って生きています。南スーダンにいま最も必要なのは、支援です。私たちに子どもとしての権利をください。子どもたちの権利を尊重してください。私たちの叫びに応えてください」


トップページへ先頭に戻る