world children's day

World Children’s Dayは、世界の子どもたちのための日。
すべての子どもが生まれながらに持っている権利を、再認識する日。
すべての子どもが、健やかに育ち、安心して「子ども時代」を過ごせるように。
すべての子どもが、声をあげて、自分の意見を受けとめてもらえるように。
すべての子どもが、未来に向かって自らの持つ可能性を伸ばせるように。

「世界子どもの日」とは?

© UNICEF/UN0146314/Nesbittニューヨークの国連本部で行われた「世界子どもの日」を記念したイベント参加した子どもたち。(2017年11月20日)

毎年の11月20日には、子どもの権利の認識向上や子どもの福祉の向上を目的として、世界中で子どもたちが主体となって参加する催しが行われています。

11月20日の「世界子どもの日」は、1954年、世界の子どもたちの相互理解と福祉の向上を目的として、国連によって制定されました。

その後、1959年11月20日に国連総会で「子どもの権利宣言」が採択され、さらに30年後の1989年の11月20日、すべての子どもに人権を保障する初めての国際条約『子どもの権利条約』が、国連総会で採択されました。この条約が生まれたことにより、世界中で子どもの保護への取り組みが進み、これまでに多くの成果が生まれました。

子どもの権利条約が採択されてから30周年を迎えた2019年、ユニセフは報告書を発表し、30年の成果と新たな課題を提示しました。世界の子どもたちを取り巻く状況は全般的に改善しているものの、最も貧しい子どもたちの多くはいまだその恩恵を得られていないと指摘しています。

© UNICEF/UN0259392/Moita世界子どもの日、SDGsのアイコンを掲げ、行進をする子どもたち(カーボベルデ)

また、現在の世界を見わたすと、4人に1人の子どもが災害や紛争などの緊急事態にある国や地域で暮らしています。インターネット上で被害を受ける子どもを保護するかなど、新たな課題も生まれています。

どのような時代であっても、子どもに関わるすべての人がこの条約にうたわれている権利が実現されるように取り組むことが必要です。そして何よりも、子どもたち自身が、自分たちの持つ権利について知り、学び、声を上げていくことがとても大切です。

子どもの権利条約 特設ページはこちら >
子どもの権利条約30周年コンテンツはこちら >(※2019年制作のコンテンツです。)

もっと知ろう

SDGsCLUB

世界が抱える課題とSDGs(持続可能な開発目標)が掲げる17の目標について学べるサイトです。

先生と子どもの広場 子どもの権利条約

子どもの権利は大きく分けて、生きる権利、育つ権利、守られる権利、参加する権利が謳われています。

世界子供白書2021

ユニセフが毎年発行している「世界子供白書」は、子どもたちに影響を与える世界の傾向を、包括的に分析しています。

ボイス・オブ・ユースJAPAN

若者たちの「声」をつなぐオンラインプラットフォームです。

世界の子どもたちの状況

  • 年間520万人が5歳の誕生日を迎えられずに亡くなっている。
    • 6秒に1人の5歳未満児が命を落としている
  • 5,900万人が小学校に通えていない。
    • 小学校に通う年齢の子どもの11人に1人に相当
  • 3億5,600万人近くの子ども(6人にひとり)が、極度の貧困状態(1日1.90米ドル未満)で暮らしている。
  • 推定170万人の子ども(0〜14歳)がHIVと共に生きている。
  • 1億6,000万人が、児童労働に従事している。
    • そのうち 7,900万人は、危険な状況・条件下で働いている

(データ更新:2021年10月)

世界子どもの日 これまでの関連コンテンツ

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年

動画を見る