メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2015年 >

イエメン
紛争激化から6カ月経過
命を落とした子ども、500人以上
食糧不足で170万人以上が栄養不良の危機

【2015年10月2日  ジュネーブ/サヌア(イエメン)発】

ユニセフ(国連児童基金)は2日、6カ月にわたって絶え間なく続くイエメンでの紛争によって、少なくとも505人の子どもが命を落とし、702人が負傷、170万人が栄養不良の危険に直面していると発表しました。

紛争激化から6カ月、命を落とした子ども500人

安全な場所を求めて身を潜める12歳の男の子。

© UNICEF/UNI187333/Farra

「いつも家の中でひとり、窓の外を眺めています。一歩も外に出られません。爆弾で死んでしまうのではないかと、怖くてたまらないのです。ずっと貧しかったけれど、今みたいに命の危険を感じたことはありませんでした。紛争を止めてください」(安全な場所を求めて身を潜める12歳の男の子)

イエメン全土で、18未満人口の8割に相当するおよそ1,000万人が緊急人道支援を必要としており、140万人以上の人々が家を追われました。

「子どもたちは日々、将来の夢や希望が打ち砕かれるのを目にしているのです」とユニセフ・イエメン事務所代表のジュリアン・ハーネスは伝えています。「家も、学校も、コミュニティも破壊されました。そして彼らの命さえ、病気や栄養不良に脅かされるようになっています」

食糧危機で栄養不良が急増

紛争以前から食糧の自給率が10%に満たないイエメンは、輸入食品に大きく依存しており、栄養状況は既に非常に悪化している状態でした。それが紛争の激化によって食糧危機の悪循環に陥り、栄養不良が急増しています。子どもたちへの影響は、甚大です。

  • 2015年、重度の急性栄養不良に陥る危機にある5歳未満児の数は、紛争前の16万人から3倍の53万7,000人に増えました。
  • また、今年、中度の急性栄養不良になると予想される5歳未満児の数は、紛争前の69万人の約2倍にあたる、120万人です。

保健や衛生施設へのアクセス困難に

栄養不良に陥り、身体が弱って歩くことのできない2歳8カ月で体重7キロ女の子。

© UNICEF/ UNI191720/Yasin

栄養不良に陥り、身体が弱って歩くことのできない2歳8カ月の女の子。体重が7キロまで落ちており、病院で治療を受けている。

食糧不足に加えて紛争で市場に行くことも難しいこと、保健・衛生施設へのアクセスが減少していること、また生計を立てる手段も途絶していることが、こうした状況を引き起こしている主な要因です。そして燃料、電力、ガス、水といった公共サービスや施設の不足が、状況をさらに悪化させています。

同時に、この6カ月間、一般市民や重要なインフラへの攻撃が増え続けました。2015年3月の紛争激化以来、ユニセフは41の学校と61の病院が攻撃を受けたり損傷したりしたことを確認しています。

2,040万人以上の人々にとって、安全な水を見つけることが、日々の生きるための闘いです。1,500万人以上の人々が基本的な保健サービスを受けることができなくなり、180万人以上の子どもが学校の閉鎖によって勉強を中断されています。

ユニセフの支援

ワクチンの投与を受ける女の子。

©UNICEF Yemen/2015

ワクチンの投与を受ける女の子。

このような非常に厳しい状況の中、ユニセフは紛争が始まって以来、この国の人道支援の中心的な役割を果たしてきました。特に、安全な水や衛生環境の提供、教育や子どもの保護、栄養不良や下痢、はしか、肺炎の子どもの治療ケアなどの活動に注力しています。

ユニセフはパートナー団体と共に、300万人の人々に安全な水を、また移動保健チームによって500万人の子どもたちにはしかやポリオ・ワクチンを届けました。また9万3,500人の子どもが重度の急性栄養不良の治療ケアを受け、52万人が遅れていた学校の試験を受けることができました。

今年のはじめから、ユニセフは24万人近い子どもたちを対象に、紛争の恐怖と向き合うための心理社会的支援を行ったり、36万人に地雷や不発弾の危険を伝える教材を配布しました。

【関連ページ】


トップページへ先頭に戻る