メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

ユニセフ・イノベーション
オープンソースの新アプリ「プリメロ」
紛争や危機で家族と離ればなれになった
子どもたちの支援・保護を促進

【2017年1月31日  ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)はパートナー団体と共に、危機に見舞われた弱い立場にある子どもたちの命を守るために、政府、支援団体、ソーシャル・ワーカーたちが利用できる新しいオープンソースのアプリケ―ションを開発しました。

新アプリ「プリメロ」

ヨルダンにあるザータリ難民キャンプで、シリア難民の家族を訪問するソーシャル・ワーカーの女性。(2017年1月19日撮影)

© UNICEF/UN051271/Herwig

ヨルダンにあるザータリ難民キャンプで、シリア難民の家族を訪問するソーシャル・ワーカーの女性。(2017年1月19日撮影)

新しいアプリ「プリメロ(Primero)」は、人道支援分野で活動する人たちの間で、子どもの保護、モニタリング、家族との再統合の支援を改善するために必要なデータの安全な収集や保管、共有を可能にするものです。

このソフトウェアは、紛争時などの緊急事態において、ソーシャル・ワーカーが避難を強いられた子どもたちを支援する際に特に重要な役割を果たします。

「プリメロは、ソーシャル・ワーカーによる家を追われた子どもたちへの支援の管理を手助けします。子どもたちは、安全な場所に辿りつくと、いくつもの身分証明書を手渡されることが多く、そのことで、彼らが切実に必要としている基本的サービスの支援を受けることが困難になっています」とユニセフの子どもの保護部門副部長のコーネリアス・ ウイリアムズは述べました。

「プリメロのような新しい技術は、政府や支援団体が、弱い立場にある子どもたちを見つけ、命を守る支援を提供し、搾取や暴力から保護するために必要な能力を強化します」

子どもたちの支援・保護への活用

プリメロは今後人道危機的状況下にあるレバノン、ヨルダンおよびケニヤのカクマ難民キャンプで利用される予定ですが、より広くその他の人道危機的状況下にある遠隔地でも、必要に応じてアクセスとファイルのアップデートが可能になります。

このアプリは、人道危機的状況以外でもソーシャル・ワーカーのニーズに応えるため、ラップトップ上で民間のサーバーや管理された環境下でのクラウドを利用しての起動も可能です。

オープンソースのツールであるプリメロのコードは一般に公開されており、紛争や危機の影響を受けた地域で避難を余儀なくされた子どもたちや、暴力や搾取を受けるリスクのある人々を支援するために、幅広く適用されることを奨励しています。

Primeroに関する詳細の情報、ソースコードはこちらへ(外部サイト:英語)


トップページへ先頭に戻る