メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

米国大統領令
「一時的な措置と信じる」
子どもを守る米国の長い伝統の継続を
ユニセフ事務局長 声明

【2017年3月7日  ニューヨーク 発】

米国の難民に関する新たな大統領令を受けて、ユニセフ(国連児童基金)事務局長アンソニー・レークは以下の声明を発表しました。

子どもを守る米国の長い伝統の継続を

メキシコ、レイノサとアメリカ、テキサス州の国境線となっているリオ・グランデ川で泳ぐ子どもたち(2016年8月撮影)

© UNICEF/UN030739/Zehbrauskas

メキシコ、レイノサとアメリカ、テキサス州の国境線となっているリオ・グランデ川で泳ぐ子どもたち(2016年8月撮影)

「暴力や恐怖から逃れてくる難民の子どもたちは、かつてないほど私たちの支援を必要としています。彼らは世界で最も弱い立場にありトラウマを抱えた子どもたちに数えられます。

ユニセフは米国政府および各国政府と協力して、今後も子どもたちを支援する活動に取り組んでいく決意があります。私たちは、大統領令に定められた措置が一時的なもので、戦争や迫害から逃れようとする子どもたちを保護してきた米国の長い伝統は、今後も継続されると信じています。

すべての子どもには、安全に暮らす権利があるのです」


トップページへ先頭に戻る