メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

イラク
モスル西部で紛争激化
戦闘地域に取り残された子ども10万人
市民への攻撃の停止を

【2017年6月5日  エルビル(イラク)発】

ユニセフ(国連児童基金)・イラク事務所代表ピーター・ホーキンスは、イラクのモスル西部で子どもたちが置かれている現状について、以下の声明を発表しました。

戦闘地域に取り残された子ども10万人

国内避難民の子どもたちのための学校(2017年4月18日撮影)

© UNICEF

国内避難民の子どもたちのための学校(2017年4月18日撮影)

私たちは、モスル西部で数人の子どもを含む市民が殺害されているという報告に危機感を覚えています。時間を追うごとに激化する戦闘から逃れようとした人々が殺されたという報告もあります。

子どもたちの命も危険に晒されています。子どもたちは殺され、負傷し、人間の盾として使用されています。いかなる人も見るべきではないような恐ろしい暴力を、子どもたちは体験し目撃しています。中には、強制的に戦闘や暴力に参加させられる子どもたちもいます。

極めて危険な状況にある旧市街などのモスル西部に、取り残された女の子と男の子が10万人いると推定されます。多くの人々が銃撃戦に巻き込まれ、病院などの医療施設が攻撃されているとも報告されています。

ユニセフは、戦闘が継続しているモスル西部のすべての紛争当事者に対して、国際人道法を順守し、常に子どもたちを保護し、彼らに危害が及ばないようにすることを求めます。

一般市民および病院、診療所、学校、家屋や水道設備などの民間施設に対する攻撃は、直ちに停止するべきです。

* * *

テントで遊ぶ子どもたち(2017年5月2日撮影)

© UNICEF

テントで遊ぶ子どもたち(2017年5月2日撮影)

■ ユニセフのモスル西部での支援活動について

ユニセフが、紛争から逃れてくる弱い立場にある子どもたちやその家族に対して行っている、緊急保護支援には以下の事が含まれます:

  • 両親や親族と離ればなれになってしまった子どもたちを家族と再会させる
  • 治安部隊に拘束されている子どもたちの法的代理人を務める
  • ストレスを抱えている子どもたちに対して、緊急の社会心理的支援やそれぞれの子どもの必要性に合わせた保護支援を提供する

ユニセフはパートナー団体と協力して、安全を求めて避難する人々の出来るだけ多くに対して支援できるよう、水や衛生用品などの緊急物資を彼らが辿るいくつかの避難経路上に備蓄をしています。ユニセフは、避難民キャンプにおいて、最も脆弱な子どもたちと家族に対して、食糧、基本的保健サービス、水および衛生用品を提供しています。


トップページへ先頭に戻る