メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

シエラレオネ
土砂災害による子どもの死者100人以上 家を失った人3,000人以上
ユニセフ、緊急支援開始

【2017年8月16日  フリータウン(シエラレオネ)発】

シエラレオネの首都フリータウンは、13日夜から14日朝にかけて豪雨と土砂災害に襲われました。政府が発表した死者数は、15日(火)時点で297人にのぼり、その3分の1に当たる109人が子どもでした。犠牲者の数は、さらに増えると見込まれています。ユニセフ(国連児童基金)は、被災現場にて、被災した人々への緊急支援を開始しています。いち早く被災地に入ったシエラレオネ事務所広報官ジョン・ジェームスは、現場の状況を下記の通り報告しています。

町を襲った土砂

激しい雨が降り続いていたなか、フリータウン近郊で、14日未明に大規模な土砂崩れが起きた。

© UNICEF/James

激しい雨が降り続いていたなか、フリータウン近郊で、14日未明に大規模な土砂崩れが起きた。

「シエラレオネの首都フリータウンは、海岸沿いの丘陵地に位置し、背後には「砂糖のパン」と呼ばれる山がそびえています。町から少し離れた山のふもとには、仮ごしらえの家々と印象的なヴィラが混在する居住区がありました。その居住区のすべてを、僅か数秒で、山の表土と泥水が飲み込みました。洪水から数時間後には、その画像や映像が私たちの携帯に直接届きました。

私は被害の規模を測るために、ユニセフの水と衛生分野の専門家とシエラレオネ水公社のチームと一緒に現場を訪れました。そこで目にしたのは、半壊した家から誰かを助け出そうと瓦礫を取り除いている人です。彼は携帯で話をしており、瓦礫の下にいる電話の相手は掘っている音が近くに聞こえると言い、彼の側には亡くなった妊婦がいると言っていました。

雨が降り続いており、泥にまみれた斜面はまだ危険な状況が続いています。その日、丘陵地は雲と霧に覆われ、赤い土と煙が舞い上がる恐ろしい光景を醸し出していました。斜面の下で救助作業をしていた人が大声を上げました。別の遺体でした。布をかぶせ、ストレッチャーに乗せられ、丘の上に待つ救急車に運ばれました。

私たちは、シエラレオネでの緊急事態に際して、一致団結して活動することに慣れています。そして、フリータウンの人々は、ショックの中にありながらも、少なくとも3,000人の家を失った人々に支援の手を差し伸べていました。学校、教会やモスクは、避難所として開放され、多くの人が寄付をしていました。ユニセフはこの被災現場で、政府やパートナー団体と協力して、影響を受けた子どもたちと家族に支援を行っています。ユニセフは、家を失った多くの人達のために、仮設住居、支援物資、きれいな水および衛生用品を提供しています。

ユニセフはまた、パートナー団体や自治当局と協力して、離ればなれになったと子どもたちとその家族の再会を手助けし、恐ろしい体験をした子どもたちのトラウマを軽減させるための心理社会的支援を進めています。

一方、生存者への主な懸念は、水を起因とした病気です。被災地では、水源が汚染され、給水網も被害を受けました。感染症などの二次被害によってこれ以上の死者を出さないために、避難をしている人々に対しては、安全な水、貯水タンク、石けん、バケツや浄水剤を提供し、地域の人々には、手洗いや衛生状態を良く保つこと、および病気の初期症状に気付くことの重要性について啓発活動を実施しています。しかし、雨季はまだ続きます。」


トップページへ先頭に戻る