メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

ハリケーン「イルマ」
カリブ諸国で猛威、深刻な被害
バーブーダ島のインフラ90%破壊、132校の学校含む 今後1,000万人以上の子どもにも影響
ユニセフ、緊急募金要請

【2017年9月7日  パナマシティ(パナマ)/ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)は本日、ハリケーン「イルマ」の破滅的な猛威に晒されるとされる国々には、1,050万人以上の子どもが暮らしていると、警鐘を鳴らしました。現時点の予報では、東カリブ諸国、ドミニカ共和国、ハイチ、キューバに暮らす、5歳未満児300万人以上を含む子どもたちが危険に晒されています。ユニセフは、何十万人の子どもたち、特に最も危険が高い沿岸地域の子どもたちが、この嵐がもたらす最悪の被害を蒙る可能性があることを憂慮しています。

カリブ諸国で猛威、深刻な被害

ハリケーン「イルマ」により破壊された建物の前に立つ男の子。(ドミニカ共和国・ナグア)2017年9月7日撮影

© UNICEF/UN0119399/

ハリケーン「イルマ」により破壊された建物の前に立つ男の子。(ドミニカ共和国・ナグア)2017年9月7日撮影

「すでに強風と豪雨が、英領アンギラ島およびバーブーダ島を含む、東カリブ諸国の最も小さく離れた島々を襲っています」とユニセフ・東カリブ地域事務所のコミュニケーション部長パトリック・ナイトがバルバドスから報告しました。「被害の様子が見えてくるにつれて、私たちは破壊の深刻さを目の当たりにしています。私たちは被災した子どもたちや家族たちに一刻でも早く支援を届けることを優先しています」

5段階で最も強い「カテゴリー5」の勢力を持つハリケーン「イルマ」は、水曜日に、東カリブ諸国の島々を横断し、その破壊の痕跡をのこしています。特に被害が大きかったのは、英領アンギラ島、英領バージン諸島、バーブーダ島およびタークス・カイコス諸島です。

初期の推定によれば、これらの島々で被災した人の数は子ども2万人を含む、7万4,000人以上です。

地元当局によると、被災した多くの地域で、通信ネットワークが部分的あるいは全面的に影響を受けています。道路、橋、病院や学校などの基礎インフラも様々な程度の損傷を受けています。バーブーダ島では、基礎インフラの90%が破壊され、その中には132校の学校も含まれると考えられます。

ユニセフ、緊急募金要請

ハリケーン「イルマ」が近づく中、水没した道を歩く女性と子どもたち。(ハイチ)2017年9月7日撮影

© UNICEF/UN0119375/Daniel

ハリケーン「イルマ」が近づく中、水没した道を歩く女性と子どもたち。(ハイチ)2017年9月7日撮影

ユニセフが今まさに憂慮しているのは、被災地へ飲み水を提供し衛生環境を整えることに加え、被災した子どもたちへの心理社会的ケアを含む、子どもと若者の保護です。

ユニセフは、嵐の上陸に先駆けて、被災時に地元当局と協力して迅速に支援物資を提供できるように、アンティグア島、バーブーダ島およびバルバドス島に命を守る人道支援物資を備蓄していました。これの物資には、水、食糧、医薬品、浄水用資材、衛生キット、仮設住居および教育資材が含まれます。

ハリケーン「イルマ」は、その破壊の道を西に進めていくと予報されており、今後数時間から数日間、ドミニカ共和国、ハイチおよびキューバが危険に晒されることになります。

 

* * *

 

自然災害の影響を受ける子どもたちに、緊急・復興支援活動を行うユニセフの活動を支えるため、日本ユニセフ協会は『自然災害緊急募金』を受け付けています。

【関連ページ】


トップページへ先頭に戻る