コンゴ民主共和国・カサイ地域 紛争の影響で学校に通えない子ども85万人 15万人を学校に戻す取り組み開始 メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

コンゴ民主共和国・カサイ地域
紛争の影響で学校に通えない子ども85万人
15万人を学校に戻す取り組み開始 ユニセフ、「学校に戻ろう」キャンペーン開始

【2017年9月15日  キンシャサ(コンゴ民主共和国)/ダカール(セネガル)/ジュネーブ/ニューヨーク発】

コンゴ民主共和国のカサイ地域では、数カ月にわたる武装勢力と治安部隊の衝突の影響で、数千人の家族が避難を余儀なくされ、85万人の子どもが教育や保健ケアなどの基本的なサービスを受けることができなくなっています。この治安状況の不安定なカサイ地域で、初等教育学齢期の子どもたち15万人を教室に戻すための一大キャンペーンが始まりました。

15万人を学校に戻す取り組み開始

“I want to be a doctor when I am bigger.” Children express their excitement at returning to school and their dreams for the future. Education is central to all their dreams and as peace makes a tentative return to the Kasai, shops do a brisk trade in new school uniforms and notebooks for the new school year. Ongoing clashes between militias and security forces have displaced thousands of families and left 850,000 children without access to basic services.  Nine of the 26 provinces are now affected for the crisis. UNICEF estimates that in the five hardest hit provinces - Kasai Central, Kasai Oriental, Sankuru and Lomami - 440,000 children have not been able to end their school year last year, largely due to the insecurity in the region.

© UNICEF/UN0120240/Rose

「大きくなったら、お医者さんになりたいの」と話す女の子。(2017年8月28日撮影)

ユニセフ(国連児童基金)は、危機の被害が最も大きい5つの州、Kasai、 Kasai Central、Kasai Oriental、 Sankuru および Lomamiでは、情勢不安から前学年度を終了できなかった子どもが44万人いると推計しています。危機が発生してから、400校以上の学校が攻撃に遭い、また暴力の恐怖から親が子どもたちを学校に通わせることを躊躇しています。

「何カ月もの恐怖と不安の中での生活を強いられた子どもたちにとって、学校に戻り日常を取り戻すことは大変重要なことです」と、ユニセフ・コンゴ民主共和国事務所代表代理のタジュディーン・オイウェイルは述べました

ユニセフがパートナー団体と協力し、カサイ地域全体で実施する「学校に戻ろう(back-to-school)」キャンペーンは、親に対して子どもを学校に行かせるように働きかける啓発活動、最も困難な立場にある子どもたちに対する学用品の提供、および教員2,750人を対象に平和教育および心理社会的ケアに関する研修を提供します。

ユニセフは、子どもたちが安全に学校に戻れる環境をつくるために、学校やその周辺に残された地雷や戦争残余物の危険性について、教員への研修および地域への啓蒙活動を支援しました。

1年前に勃発した暴力は、カサイ地域全土および周辺にまで拡大し、戦闘から逃れるために、何千人もの子どもとその家族が茂みに逃れ身を潜めて暮らすことを余儀なくされました。

「何カ月も茂みに隠れる生活を送った後、家に戻れた子どもたちは、口を揃えて学校に戻りたいという意欲を語ります」とオイウェイルは言いました。「同じことが、何らかの形で戦闘に関わらされた子どもたちにも言えます。彼らは、未来を見据えています。そして、教育こそが彼らを前進させるということを知っています」

 

* * *

 

■補足

ユニセフとパートナー団体はこれまでに、カサイ地域での危機の影響を受ける50万人以上に対して、命を守る支援、現金給付、教育資材や食料以外の生活必需品の提供、および子どもの保護に関する支援を行ってきました。ユニセフは9月初めに、米国海外災害支援事務所(OFDA)/米国国際開発庁(USAID)から寄付を受けた35トンの食料以外の生活物資、水、栄養補助食品をカサイ地域に送り、避難民12万人が恩恵を受けました。

【関連動画】


トップページへ先頭に戻る