ロヒンギャ難民危機/バングラデシュ 栄養不良率は緊急事態のレベルに 膨れ上がる難民の数とニーズに人道支援追いつかず メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

ロヒンギャ難民危機/バングラデシュ
栄養不良率は緊急事態のレベルに 
膨れ上がる難民の数とニーズに人道支援追いつかず ユニセフ、資金確保18%

【2017年10月27日  ジュネーブ発】

本日、国連ジュネーブ事務所における定例プレスブリーフィングで、ユニセフ(国連児童基金)の広報官マリキシ・メルカドは、ロヒンギャ難民の子どもの栄養状態について下記の通り報告しました。

栄養不良率は緊急事態のレベルに

[DRAFT CAPTION] Kismat Ara, finally fed, becomes quiet again. The mother, glassy-eyed, in pain, perhaps traumatized turns away. The grandmother soothes both of them.  Story Header: This sequence of photographs follows the newborn Rohingyan infant Kismat Ara from the Unicef supported Birthing Centre to her new home in a refugee camp. Along the way she is separated from her suffering mother, carried in the arms of her grand-mother who loses her way in the labyrinth of the Kutupalang refugee camp, caught in the rain, with a newborn in her arms. With the help of a health volunteer she eventually was reunited with the exhausted, terrified mother at her tent. NOTA BENE there is an short essay on this by Samin Sababa to go with it, so specific captions are kept short as details are in the story.

© UNICEF/UN0139579/LeMoyne

ユニセフが支援する保健センターでミルクを飲み、やっと泣き止んだ赤ちゃん。(2017年10月8日撮影)

私たちは、急性栄養不良に陥っているロヒンギャ難民の子どもたちの実態を明確に把握するための努力をしているところで、現在実施している栄養に関する調査のデータは11月に揃う予定です。私たちがすでに把握しているのは、難民が暮らす仮設住居では、栄養不良、劣悪な衛生環境および感染症などの病気の状況が重なっており、子どもたちに悲劇的な結果をもたらす危険があることです。

最近新たに難民となった子どもたちの状況:最近大量の難民が流入した10月16日から18日には、何千人もの難民が国境付近で足止めされ、ユニセフは340人の子どもたちの栄養状態を検査しました。これは、緊急に命を守るための治療を必要とする子どもたちを見つけるための緊急的な簡易検査です。国境近くで検査した340人の子どものうち、33人が重度の急性栄養不良に陥っていると診断されました。また国境なき医師団が運営する診療所に連れてこられた103人の病気の子どものうち、14人が重度の急性栄養不良の状態にありました。

8月25日以降にバングラデシュに到着した難民に対して、ユニセフとパートナー団体は10月25日までに、5万9,604人の子どもを検査し、1,970人が重度の急性栄養不良、6,791人が中度の急性栄養不良に陥っていると診断しました。これらの数字は、危機が始まる前の2017年5月に仮設住居で実施された調査ですでに緊急事態を示す値を超えた、全急性栄養不良(Global Acute Malnutrition) 21.2%および重度の急性栄養不良3.6%とほぼ同じ割合です。

ラカイン州の状況:大多数の難民が暮らしていたMaungdaw および Buthidaungでは、危機発生以前から緊急事態を示す値を超えていました。全急性栄養不良はMaungdawで19%、Buthidaungでは15.1%、重度の急性栄養不良はMaungdawで3.9%、Buthidaungでは2%でした。8月25日以降、私たちはラカイン州北部へのアクセスが得られず、重度の急性栄養不良の4,000人の子どもたちの治療の中止を余儀なくされました。

コレラの予防接種を受ける子ども。(2017年10月13日撮影)

© UNICEF/UN0139607/LeMoyne

コレラの予防接種を受ける子ども。(2017年10月13日撮影)

最近新たに流入した難民と以前に流入した難民の両方で、はしかの感染が報告されています(詳細は以下に記載)。また、65万人を対象とし実際はそれを上回ったコレラの予防接種キャンペーンが実施されたものの、感染性下痢症や赤痢の危険は極めて高いままです。

ユニセフは、パートナー団体と協力して、栄養治療センターの設置に重きを置いており、これまでに移動診療所1カ所を含む計15カ所を設置し、さらにほとんどの新しい難民が向かっているKutupalongなどの新たな地域に6カ所を設置する予定です。現在、2,000人近くの子どもたちが重度の急性栄養不良の治療を受けています。私たちは、重度の急性栄養不良の子どもたちの治療に使う栄養治療食の調達をすでに済ませ、到着を待っています。ユニセフは保健分野のパートナー団体と協力して、栄養不良を悪化させる下痢症や肺炎の子どもを発見し治療し、予防接種を実施し、また母親たちが乳幼児の子どもたちに適切な食事を与えられるよう支援を提供しています。私たちは重要な活動として、より多くの難民に安全な水と衛生環境を提供するための支援を続けています。

私たちが人道支援に必要な資金として求めている7,600万米ドルのうち、獲得できたのはわずか18%で、資金的に厳しい状況が続いています。危機下にあるロヒンギャ難民の子どもたちと家族に、人道支援を届けるユニセフの活動を支えるため、日本ユニセフ協会は『ロヒンギャ難民緊急募金』を受け付けています。

* * *

補足情報・データ

はしか:

  • 8月25日以前にバングラデシュに流入したロヒンギャ難民の間で、はしかと確認された症例34件とはしかの臨床例3件が報告されています。ほとんどの症例は幼い子どもです。(WHOの10月25日データによる)
  • 国境を越えようとしているあるいは超えたばかりの子どもたちの中に、はしかが疑われる症例が発見されています。子ども5人が治療のために移動クリニックに搬送されました。

栄養不良の定義について:

急性栄養不良は誰にでも起こり得ますが、特に懸念されるのは、治療を施さなければ死に至るリスクの高い5歳未満児です。

  • 重度の急性栄養不良の状態にある子どもは、栄養状態の良い子どもと比較して死に至る確率が9倍高いために、緊急に命を守る治療が必要です。発生率3%が、緊急事態と判断する基準です。
  • 中度の急性栄養不良の状態にある子どもは、栄養状態の良い子どもと比較して死に至る確率が3倍高くなります。重度の急性栄養不良の状態にある子どもが死に至る確率は、中度の急性栄養不良の状態にある子どもより高いものの、多くの場合、中度の急性栄養不良の子どもの数は重度の急性栄養不良の子どもの数よりはるかに多くなります。
  • 全急性栄養不良(Global Acute Malnutrition - GAM)とは、重度と中度の急性栄養不良を合わせたもので、粗死亡率、および5歳未満児の死亡率と共に、人道危機の深刻度を測定するための基本的な指標のひとつです。発生率15%を、緊急事態を示す値としています。

トップページへ先頭に戻る