メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

パレスチナ・ガザ
10日間で子ども3人死亡、数十人重傷 子どもは決して暴力の対象にされてはならない
ユニセフ・中東・北アフリカ地域事務所代表声明

【2018年4月10日  アンマン(ヨルダン)発】

多くの子どもたちが犠牲を強いられているガザの現状について、ユニセフ(国連児童基金)中東・北アフリカ地域事務所代表ヘルト・カッペラエレが、以下の声明を発表しました。

* * *

子どもは決して暴力の対象にされてはならない

Houloud Abo Hosoun, 15, looks out from the staircase of the family home where she lives with her parents and 6 siblings in Rafah, southern Gaza Strip, State of Palestine, Sunday 3 December 2017. The home is situated close to the border between the Gaza Strip and Israel, an area which sees frequent clashes. Houloud says she would like to become a journalist in the future, "to tell important stories and to travel a lot. I want to go to Russia where there is no war and because I like snow." The Abo Hosoun family, comprised of father Mohammed, his wife Omayya and their seven children, live on the third-floor of a building in Rafah, in the south of the Gaza Strip. Like many families in the Gaza Strip, they face daily challenges. Children living in the Gaza Strip, a narrow strip of land on the Mediterranean Sea home to two million people (half of them children under the age of 18) face multiple challenges which leave them extremely vulnerable. Poverty is widespread and unemployment rates high: nearly 42 per cent in the Gaza Strip, one of the highest rates in the world, with unemployment reaching 60 per cent of youth, and 80 percent of the population relies on some kind of humanitarian assistance. Coping mechanisms are eroding fast, with some children and families resorting to negative strategies such as school drop-out, child labour and early marriage. Some 97 per cent of water drawn from the coastal aquifer in Gaza is now unfit for human consumption. The longstanding electricity and energy crisis dramatically reduces families' access to electricity and cooking gas - in December 2017, families only received 4 to 5 hours of electricity daily. By all estimates, unless major investments are made in the water sector urgently, Gaza will be "unlivable" by 2020. However every day, Palestinian children display inspiring stories of resilience and hope and many adolescents demonstrate astonishing skills and talents. UNICEF programmes in the Gaza Strip help children access the ba

© UNICEF/UN0161244/d’Aki

両親と兄弟6人と住む家から外を眺める女の子。(2017年12月撮影)

最近ガザで起きている悲劇的な出来事の影響により、この10日間に3人の子どもが命を落とし、数十人が重傷を負いました。ユニセフは子どもに対するあらゆる暴力を強く非難します。

ガザの子どもたちは、もう何年も非常に厳しい環境下での生活を強いられてきました。

すべての当事者が、子どもの保護を最優先することが急務です。子どもたちは決して暴力の対象にされてはなりません。また、暴力の危険に晒されたり、暴力行為への参加を促されてはならないのです。

ガザでは、ほぼ1年間にわたり、一般家庭への電力供給が1日5時間未満という困難な生活を強いられ、すでに緊急的危機的状況にあったところに、最近の状況が追い打ちをかけています。この10年間で3回の武力紛争を経験した若者たちの失業率は60%を超えています。ガザで、日常的に飲料水を入手可能な家庭は僅か10%のみです。子ども4人に1人にあたる25万人の子どもたちが過去に経験したトラウマの影響で心理社会ケアを必要としており、子どもの半分以上は日々を生きるために何らかの支援に頼っています。

ユニセフは今日、待ち望まれていた極めて重要な保健物資をようやくガザに届けることができました。ユニセフはまた、子どもたちの親に対して、どのように心理社会ケアとトラウマのカウンセリングを受けさせるかに関するアドバイスを提供しています。そして、保健、水と衛生、教育と保護分野での支援を続けていきます。


トップページへ先頭に戻る