ナイジェリア/北東部:チボックの女子生徒拉致から4年 ボコ・ハラムに拉致された子ども1,000人超 メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

ナイジェリア/北東部
チボックの女子生徒拉致から4年
ボコ・ハラムに拉致された子ども1,000人超 ユニセフ、子どもたちの解放を訴え続ける

【2018年4月13日  アブジャ(ナイジェリア)/ ダカール(セネガル)/ ニューヨーク発】

ナイジェリア北東部で2013年以来、ボコ・ハラムによって拉致された子どもの数は、2014年にチボックの学校から拉致された女子生徒276人を含めて1,000人を超えていると、ユニセフは本日発表しました。チボックの悲劇から4年経過してもなお、100人以上のチボックの少女たちは家族のもとに帰れず、ユニセフ(国連児童基金)は彼女たちの解放を訴え続けています。

チボックの女子生徒拉致から4年

[TREATED PHOTO] On 17 March, Alia, 10, covers her face with a folder while standing in front of a wall mural of an aeroplane, in a camp for internally displaced people, in Yola, the capital of Adamawa, a state in the country’s north-east. When she still lived in her hometown, in the Local Government Area of Michika, word came on a Friday that members of the Boko Haram rebel group had attacked neighbouring villages. On the next day, the men arrived in her town. Her father was killed, but she, together with her mother and other family members, managed to flee to the town of Mubi, leaving all their belongings behind, but three months later, that town also came under attack. They then fled across the border to neighbouring Cameroon before slowly making their way back to Nigeria and ending up in the displacement camp in Yola, where Alia is attending a UNICEF-supported school. Her mother suffered from high blood pressure and diabetes before the attacks, and now she is very sick, adding to Alia’s worries. Alia misses her father and her friends, and she is scared that attacks will occur again, but she refuses to give up hope. “I want to be a nurse,” she said. “I want to help people.” The folder Alia is holding bears the UNICEF logo.In March 2015 in Nigeria, 15.5 million people, including 7.3 million children, are affected by the continuing crisis in the country’s north-eastern region. More than 1.2 million Nigerians have fled their homes as a result of violence and attacks by Boko Haram insurgents that have escalated since the beginning of 2015. Many of the displaced, most of whom are children and women, are sheltering with in host communities that have limited resources, and in formal and informal camps. All are in urgent need basic supplies, health and nutrition services, and critical water sanitation and hygiene support to prevent the spread of disease. Over 150,000 people,– the vast majority children and women – have also fled to neighbouring Cameroon,

© UNICEF/UN0144139/Esiebo

ボコ・ハラムから逃れ、避難民キャンプでユニセフが支援する学校に通うアリアさん。(2017年11月撮影)

「チボックの拉致事件から4年が経過し、私たちはあらためて、ナイジェリア北東部の子どもたちが衝撃的な規模で攻撃を受け続けていることに気づかされます」とユニセフ・ナイジェリア事務所長モハメド・マリック・フォールは述べました。「子どもたちは常に、自分の家や学校、そして公共の場で、残虐な暴力行為の標的となったり、目撃したりしています」

5人の女子生徒が亡くなった最近のダプチでの学校襲撃は、今も北東部の子どもたちにとって安全な場所がほとんどないことを表しています。学校さえも、暴力から逃れることはできません。

「学校にいる子どもたちに対する度重なる攻撃は非道な行為です」とフォールは言いました。「子どもたちには教育を受け保護される権利があります。そして教室は彼らに被害が及ばない安全な場所でなければなりません」

ナイジェリア北東部で約9年前に紛争が勃発して以来、少なくとも2,295人の教員が殺され、1,400校以上の学校が破壊されました。これらの学校のほとんどは、その被害の大きさや治安の悪さから閉鎖したままです。

ナイジェリア当局は、学校をより安全に、また攻撃に対してより強靭なものにする決意を表明しています。ナイジェリアが署名した、武力紛争時に学校や大学を攻撃や軍事使用から保護することを約束する『安全な学校宣言(Safe Schools Declaration)』の実行を、ユニセフは支えていきます。

ユニセフは、学校に対する攻撃および子どもの権利に対する甚大な侵害を終わらせるよう求めています。


トップページへ先頭に戻る