メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

攻撃に晒される教育現場と子どもたち
教育を攻撃から守る世界連合(GCPEA)新報告書 「私たちの人間性が問われている」
ユニセフ事務局次長代理声明

【2018年5月10日  ニューヨーク発】

本日、「教育を攻撃から守る世界連合(Global Coalition to Protect Education from Attack:GCPEA)」が新たな報告書“Education under Attack 2018”を発表したことに関して、ユニセフ事務局次長代理シャヒーダ・アズファールは以下の通り述べました。

* * *

「私たちの人間性が問われている」

Oleksandr, 16 years old, is photographed in a gym of School in Troitske Luhansk region, that was directly hit by a shell. The gym is now used as a storage room.

© UNICEF/UN0207778/Samoilova

破壊された学校の体育館に立つ16歳のオレクサンダーさん(ウクライナ)。(2018年3月28日撮影)

本日発表された報告書は、今まで忘れられがちだった問題に光を照らす手助けとなるものです。世界中で、子どもたちが攻撃に晒されているのです。

教育の場に対する攻撃で、子どもたちは日々学びに行くことで命を危険に晒しています。親は子どもの教育と安全のどちらを優先させるべきかという、厳しい選択を迫られています。教育の場は子どもたちが学び成長する場所ではなく、恐怖の場所になってしまったのです。

報告書はまた、女の子たちと彼女たちの教育に対する攻撃に、特に問題のあるパターンがあることを示しています。この報告書の調査対象となった半数以上の国々では、女の子たちは学びたいというだけで攻撃を受けています。アフガニスタン、マリ、パキスタンおよびソマリアでは、女の子たちは教育を求めるだけで、硫酸をかけられ、残忍にも拉致され、処刑されることさえあります。忘れてはならないのは、学校の寮で就寝中に拉致されたチボックの女の子たちです。依然として100人以上の女の子たちが行方不明のままです。

Young student from one of the largest schools in Jalalabad supported by the  UNICEF Afghanistan Country Office.  UNICEF provides teaching and learning material (TLM) to all students in grades 1-3. The weekly Iron & Folic acid Supplement (WIFS) are also provided to all girls age 12-19 years. One Early Childhood Development/preparatory class was established and is functional. In the Child-Friendly School programme, UNICEF support the school greenery, recycle of old furniture, playground, teacher training, students club and WASH in school (through two water points and 13 latrine boxes). The photo was taken during a visit with  Ambassador of Norway, H.E. Ms Mari Skåre and the Ambassador of Sweden H.E. Mr. Tobias Thyberg Jalalabad in Nangahar Province in the Eastern region of Afghanistan to look at work supported by UNICEF which very important and significant for the UNICEF Office in Afghanistan. The Eastern Region is one of the emergency prone areas in the country, with the largest number of internally displaced persons and Afghan returnees from Pakistan crossing through the Torkham Border. The city of Jalalabad itself has witnessed in the past two years, intense population influx due to displacements related to armed conflict and returns of large numbers of Afghans from Pakistan. This has created big pressure on basic social services in the affected areas. UNICEF works in partnership with 10 Government implementing partners across the Eastern Region to support programmes that fall in the areas of health; nutrition; water, sanitation and hygiene; child protection; education and emergency interventions. The Ambassador of Norway, H.E. Ms Mari Skåre and the Ambassador of Sweden H.E. Mr. Tobias Thyberg visited Jalalabad in Nangahar Province in the Eastern region of Afghanistan to look at work supported by UNICEF which very important and significant for the UNICEF Office in Afghanistan. The Eastern Region is one of the emergency prone areas in the country, with the la

© UNICEF/UN0200339/Meerzad

ユニセフの支援を受ける学校で学ぶ女の子たち(アフガニスタン)。(2018年4月9日撮影)

グローバル・コミュニティの一員として、私たちは自問しなければなりません。子どもたちが学ぼうとすることで拉致され命を奪われるとき、危険が大きすぎるために親が子どもの学ぶ機会を拒否しなければならないとき、紛争当事者が意図的に学校や病院を攻撃するとき、学校が軍事拠点として使用されるとき、私たちの人間性はどうなってしまったのか、と。

私たちが憤るだけでは十分ではありません。私たちの怒りだけでは何も変わらないのです。

この大きな問題には、すべての子どもたちに教育を提供するための、私たちの憤りに見合った政治的解決、新たな投資、そして新たな決意が求められているのです。


トップページへ先頭に戻る