メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

欧州難民危機
地中海を渡る子ども123人、スペインに無事到着
多くが暴力、拷問、病気など経験 ユニセフら、心理社会ケアや保健衛生ケアを提供

【2018年6月17日  ジュネーブ発】

20180618_Spain_1

©UNICEF Italy/2018

イタリア沿岸警備船に乗船している子どもたちを保護し、支援物資を配布するユニセフのパートナー団体の職員。スペインは、人道原則と国際法に則り、極めて弱い立場にある子どもたちや妊婦を受け入れた。

ユニセフ(国連児童基金)欧州地域事務所代表兼欧州難民危機特別調整官アフシャン・カーンは、地中海を渡る123人の子どもが無事スペインに到着したことについて、以下の声明を発表しました。

* * *

子どもたちの保護に安堵

ユニセフは、おとなの同伴者のいない60人を含む123人の子ども全員が、海上での悲惨な8日間の末に、無事スペインの海岸に到着し、保護を受けることができたことに安堵しています。

スペインは、このような極めて弱い立場にある子どもたちや妊婦を受け入れるという正しいことをしただけでなく、地中海両岸の国々に対して、移民に対する責任を共有し、人道原則と国際法に準じた行動を取るという前例を見せたのです。

辛い経験をした子どもたちに適切なケアを

船上で、最も脆弱な子どもたちを特定する手助けをし、情報の提供、心理社会ケアや保健衛生ケアを提供した、ユニセフのパートナー団体のスタッフ。

©UNICEF Italy/2018

船上で、最も脆弱な子どもたちを特定する手助けをし、情報の提供、心理社会ケアや保健衛生ケアを提供した、ユニセフのパートナー団体のスタッフ。

イタリア沿岸警備船 ‘Dattilo’ に乗船しているユニセフのパートナー団体INTERSOSから、おとなの同伴者のいないあるいは離ればなれになってしまった子ども60人を含む123人の子どもの多くが、暴力や拷問を受け、疥癬(かいせん)、船酔い、脱水症状に苦しむなどの辛い体験をし、疲れ果てていることを聞いていました。

私たちのパートナー団体は船上で、最も脆弱な子どもたちを特定する手助けをし、彼らに情報の提供、心理社会ケアや保健衛生ケアを提供しました。

私たちはスペインに感謝すると同時に、スペインが今後も陸上において、子どもたちに安全、ケアそして保健サービスを与えるのみならず、子どもの最善の利益となる機会を、迅速にかつ守る形で決定するであろうことを確信しています。

補足情報

ユニセフは2016年からイタリア沿岸警備隊と協力して、おとなの同伴者のいないあるいは離ればなれになってしまった子どもたち3,000人以上を特定しケアを提供し、42回のミッションで緊急物資1,675キットを配布しました。2018年に入ってから海路でイタリアに到着した移民・難民の数は約1万4,000人で、この数年では著しく減少しています。

到着した3隻のボートには60人のおとなの同伴者のいないあるいは離ればなれになってしまった子どもが乗っていました。男女別内訳は、男子52人と女子8人。出身国別内訳は、エリトリアから28人、スーダンから14人、ギニアのコナクリから6人、マリから3人、ナイジェリアから2人、ガーナから2人、ギニアビサウから2人、そしてセネガル、ガンビア、チャドから各1人。

スペインのユニセフ協会は、担当当局と協力しながら、受入・保護制度が確実に子どものニーズや権利を尊重できるように、具体的な提案をしています。


トップページへ先頭に戻る