メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

米国
移民の子どもを親から引き離してはならない 子どもの最善の利益を考慮した法の適用望む
ユニセフ事務局長声明

【2018年6月19日  ニューヨーク発】

米国で移民の子どもと家族が置かれている状況について、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアは、以下の声明を発表しました。

* * *

移民の子どもを親から引き離してはならない

[RELEASE OBTAINED] On 9 October 2016, 6 month old Luis Zambrano  looks up to his mother, Esmeralda Zambrano. They are seated in front of a concrete wall in the living area of their home in Puebla, Mexico.  Esmeralda takes part in UNICEF-led program that utilizes innovation and mobile phones to track their Child's development needs and are involved in weekly meetings to discuss questions and needs. The baby is wearing tiny red sneakers and holding a brightly colored maraca. UNICEF's initiatives represented here child protection and inclusion, early childhood development [pre and post natal care]. As part of the UNICEF Brand strategy and re-positioning initiated in 2016, this signature photograph was taken to showcase children being children, as direct or indirect beneficiaries of UNICEF’s work around the world. This photo is designed to be used for both specific messaging around certain programmatic or thematic areas and/or general and emotional use under the modular brand device “for every child, ...”. This photograph is for Commercial use by UNICEF in advertising/promoting its brand eg. outdoor/indoor billboards, airport posters, bus shelter posters, magazine/newspaper adverts, advertisements, brochures, greeting cards etc. Signature photographs for commercial use have signed informed consent from the subject of the photograph for commercial uses as described on the Brand Strategy Photography Release form. These photographs may be used for editorial use & fundraising use by UNICEF too. The United Nations Children’s Fund (UNICEF) is one of the most trusted names in international development and humanitarian action, with a presence in over 190 countries and territories. That trust has been earned over the course of over 70 years by delivering and renewing a promise made to promote the rights and well-being of every child, everywhere. UNICEF’s brand is a strategic asset that improves the organization’s ability to fulfill its mission.  It builds goodwil

© UNICEF/UN043866/Lister

母親を見上げる生後6カ月のルイスちゃん。(2016年10月撮影) ※本文と直接の関係はありません

安全を求めて米国にやってきた移民の子どもや赤ちゃんが、親から引き離されている状況に心を痛めています。

子どもは、どこの出身でもどのような法的身分であっても、何よりもまず子どもなのです。ふるさとから逃れることを余儀なくされた子どもたちにも、他のすべての子どもたちと同じように、保護され基本的サービスを受ける権利があります。これらの権利を実現させることで、すべての子どもたちが健康で幸せで、実りの多い未来を築くための最高の機会を得ることができるのです。

家族から引き離され収容された子どもは、そうした経験がトラウマとなり、より搾取や虐待を受けやすくなったり、長期にわたり発達に影響を受ける可能性があることを、複数の研究結果が示しています。

そのような措置は、誰の利益にもなりません。特にその影響に最も苦しむ子どもたちにとっては何の利益もありません。子どもの健全な生活こそが、最も考慮されるべき重要事項なのです。

米国政府とその国民は、世界中で発生する危機の影響を受ける難民、難民申請者、そして移民の子どもたちを支援する私たちの活動を、何十年にもわたり支えてくれています。シリアや南スーダンでの紛争、ソマリアでの飢饉、あるいはハイチでの地震など、緊急事態が起きたとき、米国はいつも、ふるさとを追われた子どもたちを助け、受け入れてきました。

私は、米国での難民申請の手続きおよび法令の適用において、難民と移民の子どもたちの最善の利益が最も重要視されることを望みます。


トップページへ先頭に戻る