メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

日本ユニセフ協会主催
「日本型子どもにやさしいまちモデル
検証作業記念フォーラム」開催 日時:10月29日(月)13時30分~16時30分 
場所:ユニセフハウス(東京港区)

【2018年9月28日  東京発】

公益財団法人日本ユニセフ協会(東京都港区/会長:赤松良子)は、10月29日(月)13:30より、「日本型子どもにやさしいまち(CFC)モデル検証作業記念フォーラム」を開催いたします。

日本での「子どもにやさしいまち」への取り組み

無題

© 日本ユニセフ協会/2018

ユニセフ(国連児童基金)が提唱する「子どもにやさしいまちづくり事業(Child Friendly Cities Initiative=CFCI)」は、現在およそ40カ国で取り組まれています。日本でも5つの自治体(ニセコ町、安平町、富谷市、町田市、奈良市)が本事業の検証作業を実施することになりました。

ユニセフ本部が提唱するCFCの構成要素9項目及びそのチェックリストを、日本ユニセフ協会CFCI作業部会がこれまでの討議を通じ、日本の自治体の状況に合うように修正を加え、ユニセフ日本型CFCモデル構成要素10項目及びチェックリストを作成しました。この構成要素10項目及びチェックリストが、子どもの権利促進、子どもの社会参画、子ども育成施策等に関する有効な指標として機能するのか、参加自治体が2年間の検証作業で確認し、その後本格的な実施に移行する見込みです。この度、片山健也ニセコ町長、及川秀一郎安平町長、若生裕俊富谷市長、石阪丈一町田市長、仲川げん奈良市長にご出席を頂き、また、ユニセフ民間協力渉外局副局長Andrés Franco氏も駆けつけ、検証作業開始に際する記念フォーラムを、ユニセフハウス(東京)で開催いたします。

「子どもにやさしいまち」とは、子どもの最善の利益を図り、子どもの権利条約の内容を具現化するまちを意味します。「子どもにやさしい」ということは、「誰にでもやさしい」ということでもあります。本フォーラムに関しまして詳しくはHPをご覧ください。

 

* *  *

「日本型子どもにやさしいまち(CFC)モデル検証作業記念フォーラム」概要

■日 時       2018年10月29日(月) 13:30~16:30(開場13:00)

■会 場       ユニセフハウス 1Fホール(港区高輪4-6-12)

■定 員        130名 (入場無料)先着順・事前申し込みが必要です

■一般申込  件名に「日本型子どもにやさしいまち(CFC)モデル検証作業記念フォーラム」、本文に①ご所属②ご氏名 ③ご連絡先(電話番号Eメールアドレス)を記入のうえ、EメールまたはFAXにて(公財)日本ユニセフ協会宛てに申し込み。

送信先:Eメール:webmaster@unicef.or.jp Fax: 03-5789-2036

 

【プログラム】

第1部:

来賓挨拶(通訳有): Andrés Franco氏(ユニセフ民間協力渉外局副局長)

ユニセフ日本型CFCモデル検証作業概要説明: 木下勇教授(千葉大学/日本ユニセフ協会 CFCI委員会委員長)

 

第2部:委嘱状交付式

5自治体( ニセコ町、安平町、富谷市、町田市、奈良市)町長、市長への

日本型CFCモデル検証作業委嘱状交付式

第3部:        パネルディスカッション

パネリスト: 片山ニセコ町長、及川安平町長、若生富谷市長、石阪町田市長、仲川奈良市長

司会 : 木下勇教授(千葉大学)


トップページへ先頭に戻る