メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

リビア
トリポリで子どもが犠牲、2週間で7名 子ども標的の攻撃を非難
ユニセフ中東・北アフリカ地域事務所代表声明

【2019年10月22日  アンマン(ヨルダン)発】

リビアの首都トリポリ周辺で子どもたちが攻撃の犠牲になっていることを受け、ユニセフ(国連児童基金)中東・北アフリカ地域事務所代表のテッド・チャイバンは次の声明を発表しました。

トリポリで7人の子ども犠牲に

Migrants children walk outside a detention centre, located in Libya, Monday 30 January 2017. Sixty women, 20 children and 115 men were being held at the detention centre when UNICEF visited on 29th January 2017. Conditions at the centre are poor, with dozens of people crowded into small spaces on old mattresses. The Libyan soldiers guarding the detention centre claimed that children are taken out into a courtyard located at the centre daily, but one child interviewed said they are only taken outside once every four days. Because of the centre’s location Tripoli, it is frequently visited by journalists and general conditions appear far less desperate than those in the countryside. In spite of this, migrants are locked in their rooms for almost 24 hours per day. Libya is a country in turmoil. Since 2014 security is precarious, living is hard, and violence is commonplace. The country is riven with militias in conflict with each other or Government forces. Thousands of children and women hoping to reach Europe travel from Africa and the Middle East to the sea in Libya. They endure exploitation, abuse, violence and detention. In 2016, 181,000 migrants used the route to reach Italy, 25,800 were unaccompanied children. Children and women making the journey live in the shadows, unprotected, outside the law, and reliant on smugglers. Migrants are easy prey and the average number in detention is 6000-7000, depending on the season. The international community, including UNICEF, only has access to some of the Government run detention centres. Women interviewed by UNICEF reported harsh conditions with detainees suffering from the intense heat in the summer and cold in the winter. The detention centres were extremely overcrowded with as many as 20 migrants crammed into cells not larger than two square meters for long periods of time. This results in significant adverse health outcomes including the loss of hearing and sight, and extremely challenging psychological challenges

© UNICEF/UN052805/Romenzi

拘置施設の外を歩く移民の子どもたち。(2017年1月撮影)※本文との直接の関係はありません

この2週間、トリポリの子どもたちは暴力によって深刻な被害を受けています。

先週17日、首都トリポリから16キロ離れた幹線道路を走行中の車内にいた3人の子どもと2人の女性が死亡したと伝えられています。10月14日には、首都南部にある民家が攻撃され、3人の姉妹が殺害され、母親ともう一人の娘が重傷を負いました。その前日には、13歳の子どもが自宅にいるときに殺害され、さらに今月初め、首都から18キロ離れたジャンズール(Janzour)で、学校にいた5人の子どもが負傷しました。

これらの直近の攻撃は、リビアの西部のあちこちで暴力行為が続いており、もっとも大きな代償を誰よりも最初に払わされるのは子どもたちであることを、私たちに思い出させます。

子どもたちは標的ではなく、どこにいても常に保護されるべきです。紛争当事者は、民家、学校、病院、医療施設を含む民間インフラへの攻撃を止めなければなりません。

 

* * *

リビアでは、7年以上も終わらない紛争、政治的混乱、社会サービスの崩壊によって、子ども約25万人を含む、少なくとも82万3,000人が人道支援を切実に必要としています。特に首都トリポリ周辺での戦闘は、人々の生活に大きな打撃を与えています。


トップページへ先頭に戻る