メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

世界のすべての人の
人間としての尊厳を守るべき 事務局長からのメッセージ

【2020年6月3日  ニューヨーク発】

本日、ユニセフ(国連児童基金)事務局長ヘンリエッタ・フォアは、世界各国のユニセフ・スタッフに向けて、すべての人の人間としての尊厳を守るべきとのメッセージを発信し、これを公開しました。

* * *

世界のすべての人の人間としての尊厳を守るべき

70年以上にわたり、ユニセフは世界中のコミュニティで、すべての子どもの平等、健康、教育、機会、安全、尊厳における権利を守るために取り組んできました。

これは、子どもが誰であるか、どこに暮らしているかに関係なく、世界中のすべての子どもとすべての人が平等に持っている権利です。

人種を理由に、人が敬意を払われず、尊厳なく不平等に扱われるなら、私たちはみな人間らしさを失ってしまうでしょう。

現在米国で、そして世界中で抗議デモが起きています。先週、何万人もの人々、特に若者たちが、不平等と不正義に光を当てるために世界中の街頭で抗議デモを行いました。

デモの参加者たちは、それぞれの社会において、抑圧された人々が世代を超えて直面してきた人種差別や不平等を終わらせることを求めています。

人々は憎悪と暴力の悪循環に終止符を打つことを要求し、それはしばしばさらに大きな原動力になります。

最も重要なのは、私たちには日々、沈黙より連帯を選ぶという選択肢があることを彼らは思い出させてくれるのです。

差別や暴力を終わらせるために

今日、ユニセフは人種や社会的正義への取り組みについてあらためて確認します。

ユニセフは、政府がすべての人々のために機能するシステムを構築できるよう、支援し続けています。

しかし、私たちひとりひとりにも、日常生活の中で差別や暴力を終わらせるために果たすべき役割があります。

人種を理由に不当に扱われている誰かを見かけたら、声を上げることができます。

人間性に色は関係なく、その尊厳はすべての人に帰属することを子どもたちに教えることができます。

ネルソン・マンデラは、「愛は、憎しみに比べ、より自然に人間の心に届く」ということばを残しました。

すべての人に相応しい尊厳をもって接することにより、私たちはすべての人にとってより良い、より公正で平和な世界に向けて、もう一歩踏み出すことができるでしょう。


トップページへ先頭に戻る