メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2021年 >

新型コロナワクチン
誤情報払拭への取り組み アフリカのユニセフ大使たちがメッセージ

【2021年4月7日  ニューヨーク/ジュネーブ/ダカール発】

ユニセフ(国連児童基金)は、世界保健デーに際し、アフリカの世界的に有名なアーティストでユニセフ親善大使のアンジェリーク・キジョー(Angelique Kidjo)、Calema、Cobhams Asuqo、Magic System、Safiathが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンへの信頼性を促進するための活動に参加することを発表しました。

ワクチンは命を守るためのもの

ジュバ教育病院でCOVID-19の予防接種を受ける医療従事者。(南スーダン、2021年4月6日撮影)

© UNICEF/UN0436317/Cho Mayak

ジュバ教育病院でCOVID-19の予防接種を受ける医療従事者。(南スーダン、2021年4月6日撮影)

西部・中部アフリカ諸国をはじめとする世界各地でCOVID-19ワクチンの歴史的な展開が開始されてから1カ月が経過し、ワクチンに関する誤った情報が多く出回っている中、ワクチンは安全で効果的であるというメッセージを広めることがこれまで以上に重要になっています。ワクチンは命を守るためのものです。

「COVID-19ワクチン接種の重要性を認識してもらい、誤った情報に対処し、ワクチンを躊躇する気持ちを払拭することが必要です。噂や誤った情報により、人々が病気の感染拡大を防ぐための最良の手段であるワクチンを受けないと、命を奪われてしまうことにもなり得ます。COVID-19の予防接種活動への協力を呼びかけている各国政府、そして才能豊かなアーティストや各地域で影響力のある方々の取り組みを称賛します」とユニセフ西部・中部アフリカ地域事務所代表のマリー・ピエール・ポワリエは述べました。

アフリカのユニセフ大使たちがメッセージ

ユニセフ親善大使のアンジェリーク・キジョー。(米国、2020年3月撮影)

© UNICEF/UNI309246/Markisz

ユニセフ親善大使のアンジェリーク・キジョー。(米国、2020年3月撮影)

「私は、ワクチンが命を救うことをお伝えしたいと思います。子どもの頃、私はワクチンを接種しましたし、COVID-19のワクチンが入手できるようになったら、私も予防接種を受けるつもりです」と、ベナン出身の歌手でユニセフ親善大使のアンジェリーク・キジョーは、本日公開された動画の中で語っています。2020年5月、アンジェリーク・キジョーはCOVID-19の情報を広めるために、ミリアム・マケバの1967年のヒット曲「パタパタ」(Pata Pata)をリメイクし、世界中の遠隔地のコミュニティを含む何億人もの人々に届けました。キジョーによるリメイクバージョンは、アフリカの100以上のラジオ局や、アメリカ、ヨーロッパでも聴かれました。

「ワクチンは何年も前からナイジェリアの人々や子どもたちの命を救ってきましたが、私たちはこれを続けなければなりません。ワクチンのおかげで、私の子どもたちがポリオやはしか、天然痘で苦しむことはありません。ワクチンのおかげで、私がCOVID-19で入院することもなく、家族を孤立させることもありません。ワクチンは命を救ってくれるのです」とユニセフ・ナイジェリア大使のCobhams Asuquo氏は話しました。2020年、Cobhams Asuquo氏は、COVID-19に関する噂や誤った情報に対処するため、「We Go Win (COVID)」という曲を制作しました。


トップページへ先頭に戻る