メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2021年 >

イスラエル・パレスチナ
「全面戦争への瀬戸際」の状況に強い懸念 ユニセフ事務局長声明

【2021年5月12日  ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)事務局長のヘンリエッタ・フォアは、ガザ等で続く衝突が激化し、子どもへの被害が相次いでいることを受け、以下の声明を発表しました。

* * *

「全面戦争への瀬戸際」の状況に強い懸念

今週月曜日以降、パレスチナで少なくとも子ども14人、イスラエルでは子ども1人が死亡したと報告されています。

また報告によると、この5日間で、ガザ地区と東エルサレムを含むヨルダン川西岸で子ども95人、イスラエルで子ども3人が負傷しました。

状況は、危険な転換点を迎えています。暴力のレベルと子どもたちへの影響は壊滅的です。私たちは今、全面的な戦争への瀬戸際にいるのです。どのような戦争でも、最初に被害を受け、最も苦しむのは子どもたちです。

私は、すべての当事者に対し、あらゆる暴力を止め、緊張を緩和するよう求めます。国際人道法と人権法の下での義務を思い出し、すべての民間人、特に子どもたちを保護し、必要不可欠な社会インフラを攻撃から守り、子どもに対する権利侵害をなくすよう求めます。


トップページへ先頭に戻る