メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

ロヒンギャ難民/バングラデシュ
ユニセフの緊急支援物資がコックス・バザールへ 最も必要なのは避難場所、食料と安全な水
子どもへの水に起因する病気の感染リスク高まる

【2017年9月14日  コックス・バザール(バングラデシュ)発】

水と衛生の緊急支援物資を載せたユニセフ(国連児童基金) のトラックが、何千人ものロヒンギャ難民の子どもたちが待つバングラデシュのコックス・バザールに向けて出発しました。今後数日から数週間にわたって、こうした物資輸送が続けられます。

最も必要な避難場所、食料と安全な水

20170915_Bangladesh

© UNICEF Video

給水車から水を汲むロヒンギャ難民の人たち。

8月25日以来、40万人にのぼるロヒンギャ難民がミャンマーからバングラデシュに避難し、その数は毎日数千人の単位で増加しています。予備データによれば、難民の約60%は子どもたちです。非常に多くの難民で、既存の難民キャンプはいっぱいになり、新たに到着した人々は、ただ身を置くことのできる避難場所を探しています。

「何もかもが不足している状態ですが、特に足りていないのは避難場所、食料と安全な水です」とユニセフ・バングラデシュ事務所代表エドゥアルド・ベイグベデル(Edouard Beigbeder)は述べました。「現地では、子どもたちが水に起因する病気に感染するリスクが高まっています。私たちには、こうした特に病気にかかりやすい状況の子どもたちを守るという重大な役割があります」

支援物資には、洗剤、石鹸、水容器に加えて、おむつ、生理用ナプキン、タオルやサンダルが含まれています。ユニセフはさらに、水処理場や水の輸送に関することで公衆衛生工学局に協力するとともに、パートナー団体とともに現地で井戸の設置と修復に取り組んでいます。

「バングラデシュのロヒンギャ難民の子どもたちに対するユニセフの緊急支援規模を大幅に拡大しています。これらの物資は第一弾の支援物資の一部です」とベイグベデルは述べました。

ユニセフは、ロヒンギャ難民の子どもたちへの今後4カ月間の緊急支援活動に必要な資金として、730万米ドルを要請しています。

* * *

危機下にあるロヒンギャ難民の子どもたちと家族に、人道支援活動を届けるユニセフの活動を支えるため、日本ユニセフ協会は『ロヒンギャ難民緊急募金』を受け付けています。みなさまのあたたかいご協力をお願いいたします。


トップページへ先頭に戻る