メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

ロヒンギャ難民/バングラデシュ
ユニセフ、深刻な資金不足
確保できたのは必要額の7%のみ 命を守る支援が継続できない恐れ

【2017年10月17日  ジュネーブ、ニューヨーク発】

スイス・ジュネーブのパレ・デ・ナシオンでの定例記者会見で、ユニセフ (国連児童基金) の広報官がロヒンギャ難民の置かれている状況と今後について以下の通り説明しました。

命を守る支援が継続できない恐れ

川を渡り、 バングラデシュに逃れてくるロヒンギャ難民の人たち。 (2017年10月16日撮影)

© UNICEF/UN0136202/LeMoyne

川を渡り、 バングラデシュに逃れてくるロヒンギャ難民の人たち。 (2017年10月16日撮影)

ユニセフは、追加資金が早急に得られなければ、ミャンマーでの恐ろしい暴力から逃れ、バングラデシュにたどり着いたロヒンギャ難民の子どもたちの命を守る支援を続けることができなくなります。8月25日以来ミャンマーに逃れた58万2,000人の難民のうち約6割は子どもであり、その数は1週間に数千人単位で増加しています。

拡大する需要は、資金・資源をはるかに上回っています。これまでにユニセフが得た資金は、今後半年間に子どもたちに緊急支援を提供するために必要な7,600万米ドルに対し、わずか7%にとどまっています。現在資金支援は、国連人道問題調整事務所(OCHA)が運営する国連中央緊急対応基金(Central Emergency Response Fund)、カナダ、日本、イギリスおよびアメリカの各政府、またフランス、ドイツ、日本、マレーシア、スイス、イギリスおよびアメリカの各ユニセフ協会、そしてアブドッラー国王基金と教育基金『Education Cannot Wait(教育を後回しにはできない)』から届いています。

バングラデシュにたどり着いたロヒンギャ難民の人たち。 (2017年10月16日撮影)

© UNICEF/UN0136204/LeMoyne

バングラデシュにたどり着いたロヒンギャ難民の人たち。 (2017年10月16日撮影)

今後追加資金が得られなければ、以下の課題が生じます。

  • 4万人以上の人々に対する水処理および給水支援を中断せざるを得なくなり、11月末までに安全な水が手に入らなくなる。
  • 180カ所の給水所を設置済みだが、35万人の需要を満たすために必要な残り1,400カ所の給水所の設置が不可能になる。
  • 3,700基のトイレを設置済みだが、追加資金が得られなければ、25万人の需要を満たすために必要な残り1万2,000基の設置が不可能になる。
  • 1万5,000人の子どもたちの命を脅かしている重度の急性栄養不良を治療するために必要な、すぐ口にできる栄養治療食の提供が不可能になる。
  • 約8万人の子どもたちが基本的な保健サービスを受けられなくなり、新たに到着した約10万人の難民の子どもたちが、はしか、風しん或いはポリオの予防接種を受けられなくなる。
  • 訓練されたスタッフや物資が不足し、水を原因とする病気の流行に対し、適切な対処ができなくなる。
  • 家族と離ればなれになった子どもにとって不可欠な、一人ひとりの状況に対応するサービスを提供できなくなる。

ロヒンギャの子どもたちは、これまでも悲惨な状態に耐えてきました。すべての子どもが、命を守るために必須とされる、避難場所、食料、水、予防接種、保護を必要としています。明日や来週、来月ではなく、今すぐに必要なのです。ユニセフは、子どもたちが、生きるという最も基本的な権利を保持できるよう、国際社会に対し支援を呼びかけています。

* * *

危機下にあるロヒンギャ難民の子どもたちと家族に、人道支援を届けるユニセフの活動を支えるため、日本ユニセフ協会は『ロヒンギャ難民緊急募金』を受け付けています。


トップページへ先頭に戻る