メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

エクアドル
移民の子どものための議定書に署名 家族と引き離さない、収容所の代案の提示など
ユニセフ、アドボカシー・技術協力で支援

【2018年11月6日  キト(エクアドル)/パナマシティ(パナマ)発】

エクアドル政府は昨日、ベネズエラから到着する子どもを含めた、ふるさとを追われた子どもたちを保護するための新たな議定書に署名しました。外務省および経済社会包摂省が中心となり策定した「エクアドルにおいて移動する子ども、若者および家族への支援に関する議定書(英題:‘Protocol for the assistance of children, adolescents and their families in contexts of human mobility in Ecuador’ )」は、正式な書類を持たずにひとりであるいは家族で到着した移民の子どもたちを保護する措置を確立するものです。ユニセフ(国連児童基金)は、政府と協力し、議定書に関するアドボカシー活動ならびに技術支援を提供してきました。

アドボカシー・技術協力で支援

Aranza Benavente, 1 year old, travels with her mother Yenny Casadiego from the state of Cojedes, in Venezuela, to the Ecuadorian city of Ibarra. The girl plays in a UNICEF-supported Child Friendly Space in Rumichaca, on the Ecuadorian side of the border with Colombia, while her mother waits for one of her relatives to send her money to continue his trip. Aranza received one of the 5,000 sanitation kit distributed by UNICEF since June. UNICEF has launched a regional response to support children and families from Venezuela, as well as children in host communities. This involves working with partners to ensure access to safe drinking water and sanitation, education and health services. UNICEF is also establishing temporary learning spaces for migrant children in the region as well as supporting protection and psychosocial services. 31 October 2018.

© UNICEF/UN0253255/Moreno Gonzalez

母親に連れられ、ベネズエラのコヘデス州からエクアドルのイバラまで移動してきた1歳の赤ちゃん。(2018年10月31日撮影)

「ユニセフは、エクアドル政府がこうした倫理的かつ政治的な決定を採択したことを歓迎します」とユニセフ・ラテンアメリカ・カリブ海諸国地域事務所代表のマリア・クリスティーナ・ペルセバル(María Cristina Perceval)は署名式で述べました。「私たちは、この地域の他の政府も、この議定書に良い影響を受け、子どもたちのための最善の利益ならびに人権の治外法権や超国家性の原則に沿って、移民の子どもたちの権利を保障することを期待しています」

国際移住機関(IOM)および国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によれば、230万人がベネズエラを後にして他のラテンアメリカ・カリブ海諸国に移動し、そのうち160万人は2015年以降に移動しています。今年に入って、子ども12万人を含む少なくとも67万人のベネズエラ人がエクアドルに流入しました。

母親と一緒にコロンビアとエクアドルの国境に到着したばかりの、生後8カ月のヘイリー・レデスマちゃん。(2018年8月撮影)

© UNICEF/UN0247714/Arcos

母親と一緒にコロンビアとエクアドルの国境に到着したばかりの、生後8カ月のヘイリー・レデスマちゃん。(2018年8月撮影)

ユニセフはエクアドルで、移動中、到着地点、および移住先のコミュニティにおいて、すべての必要とする子どもが安全な水と衛生、教育、保健と栄養、保護を得られるよう、移民の子どもと家族を支援する活動を実施し拡大しています。

ユニセフは、移動中の家族のためのテントを提供し、国境地点3カ所に子どもたちが安心して過ごせる子どもにやさしい空間を設置しました。弱い立場にある家族に対して、毛布4,600枚、給水用ポリタンク、赤ちゃんキット2,500キットを提供したほか、ユニセフの支援で設置された給水施設やトイレは15,600人の移民が使用しています。加えて230家族が、彼らが旅を続けるための現金給付を受けました。

ユニセフは、すべての政府に対して、移民に関する法や手続きを執行する際には、家族を引き離すことなく、子どもを移民収容所に入れずにすむ代案を見出し、出生登録をする権利も含めたあらゆる子どもの権利を保障し、子どもにとって最善の利益を優先することを求めます。


トップページへ先頭に戻る