メニューをスキップ
公益財団法人日本ユニセフ協会

ユニセフ イマジン・プロジェクト
PUFFY(パフィ―)も参加
世界の子どもたちのために、ひとつになる歌声

【2014年12月26日 東京発】

『イマジン“世界の歌声”バージョン』(※1分11秒ころにPUFFYのおふたりが登場します)

世界を覆っている暗雲を世界中のみんなの力で吹き飛ばし、世界の子どもたちの幸せを祈りたい− その思いから、ユニセフ(国連児童基金)は、子どもの権利条約25周年を迎える2014年11月20日、ユニセフ史上最大規模の世界キャンペーン『イマジン・プロジェクト』(#IMAGINE)を開始しました。この度、このプロジェクトに賛同くださったパフィ―のおふたりが、歌声で参加してくださり、その動画が世界へと 配信されました。

「イマジン・プロジェクト」は、故ジョン・レノンさんが平和へのメッセージを込めた曲「イマジン」を世界中の人々がともに歌い、世界の子どもたちへの祈りを結集しようという趣旨のもと、プロジェクトに賛同してくださるアーティストの方々やユニセフ親善大使の歌声を結集したスペシャル動画を配信するとともに、世界中の一般の方々からも、ジョン・レノンさんと一緒に歌うことができる専用アプリを通じて、歌声を募集しています。

PUFFYの歌声も 『イマジン“世界の歌声”バージョン』

『イマジン“世界の歌声”バージョン』に参加くだ さったPUFFYのお二人
© 日本ユニセフ協会/2014
『イマジン“世界の歌声”バージョン』に参加くだ さったPUFFYのお二人

現在ユニセフ本部から配信されている「イマジン−”世界の歌声”」動画には、ヒュー・ジャックマン、ケイティ・ペリー、アンジェリーク・キジョー、ダニエラ・メルクリ、デヴィット・ゲッタ、キム・ヨナ(敬称略)など、世界有数のアーティストやユニセフ親善大使らが参加しています。そして、このプロジェクトに賛同してくださったパフィ―のおふたりも、この動画の中で歌声を披露してくださっています。11月21日に配信が開始されたこの動画は、すでに再生90万回を超えています。

イマジン・プロジェクトに参加させていただきまして、素直に嬉しい気持ちです。
世界中の方々と、このプロジェクトを盛り上げていきたいと思います。
皆さんもぜひ参加してもらえると嬉しいです。

PUFFY AMIYUMI

さらに大みそかの12月31日には、世界的音楽プロデューサー/DJのデヴット・ゲッタさんアレンジによる新たなバージョンの『イマジン』が、世界一斉に発表される予定です。同日に、ニューヨーク、ロンドン、リオデジャネイロ、ケープタウンでは、『ユニセフ イマジン・プロジェクト』のスペシャルイベントが企画されています。

みなさまの歌声をお寄せください

ユニセフは、世界の子どもの幸せを願うみなさまの歌声を必要としています。

お手持ちのタブレットあるいはスマートフォンに専用アプリをダウンロード・起動していただき、イマジンのメロディーを歌っている動画を撮影していただき、投稿していただくことで、1投稿につき1米ドルがユニセフ募金となります。家族や友人、サークル、学校や職場のみなさんと一緒に、ぜひご参加ください。また、投稿して頂いた動画の一部は、ユニセフ イマジン・プロジェクト特設サイトにて、ご紹介させていただきます。

世界の子どもたちのために、多くの方々がご参加くださっている『ユニセフ イマジン・プロジェクト』。世界で厳しい状況に置かれている子どもたちの命が守られ、よりよい人生をおくれるように・・・みなさまの歌声が支援となり、世界の子どもたちに届きます。

※専用アプリのiOS版は、ユニセフ「イマジン・プロジェクト」スペシャルサイト、あるいは、App Storeからダウンロードできます。

トップページへコーナートップへ戻る先頭に戻る