メニューをスキップ
HOME > ユニセフについて > 日本ユニセフ協会 > 日本ユニセフ協会の主な活動−アドボカシー活動
公益財団法人日本ユニセフ協会

日本ユニセフ協会の主な活動―アドボカシー活動

子どもの権利条約

子どもの貧困

子どもと防災

持続可能な開発目標(SDGs)

子どもへの暴力・虐待

子どもの性的搾取

CSR:子どもの権利とビジネス

子どもにやさしいまち

「アドボカシー活動」は、ユニセフの支援に欠かせない活動の柱の一つです。

例えば「予防接種活動」。ユニセフは、ワクチンや冷蔵庫などの物資の調達・提供や、ワクチンを国の隅々にまで届ける物流面での支援、そして医療スタッフやボランティアの研修などの活動を世界中で展開しています。一方、日々生まれてくる新たな命に確実に、そして持続的に「予防接種」を提供してゆくためには、支援の対象となっている国の政府自身の"姿勢"が重要です。「予防接種」を国の保健・医療施策の一つとして位置付け、さらに、予算も付けること。そうした取り組みを各国政府に働きかける活動も、アドボカシー活動です。

かつて、様々な支援活動が行われている開発途上国の現場を中心に展開されていたアドボカシー活動ですが、1980年代後半、この状況を大きく変える出来事がありました。地球上のすべての子どもを対象にした「子どもの権利条約」の誕生に向けた動きが進み、ユニセフは、世界34の国と地域のユニセフ国内委員会を含めたすべてのユニセフ・ファミリーを総動員した各国政府への批准への働きかけ=アドボカシー活動を展開したのです。

「子どもの権利」は、"誰と誰の比較"の中で語られる問題ではなく、子どもたち"ひとりひとり"の問題です。先進工業国や地域の中にも、子どもたちを巡る様々な問題が山積しています。また、開発途上国の子どもたちを巡る様々な問題や国境をまたいだ諸問題の解決に向け、国際社会の共同歩調の必要性もますます高まっています。

「アドボカシー活動」は、ユニセフ本部が、世界34のユニセフ国内委員会に付託している、ユニセフの重要な活動の一つです。

関連ニュースはこちら

日本ユニセフ協会のアドボカシー活動

日本ユニセフ協会は、「子どもの権利条約」に定められている様々な子どもの権利の実現を目指して、1990年代初頭の日本政府による「子どもの権利条約」批准を求めるキャンペーンを皮切りに、子どもの兵士根絶を目指すキャンペーン、子どもの人身売買根絶を目指すキャンペーン、子どもの商業的性的搾取の根絶を目指すキャンペーンなどのアドボカシー活動を実施してまいりました。

現在は、「子どもの権利条約」のさらなる普及を進めるとともに、子どもの性的搾取の根絶を目指す活動の一環として、法律・政策への働きかけとともに、「子ども買春防止のための旅行・観光業界行動倫理規範」(コードプロジェクト)やインターネット上の子どもの保護など、民間による取り組みへの協力も続けています。さらに、子どもの貧困問題や、東日本大震災後の支援の経験を活かし、子どもと防災といった課題にも取り組んでいます。

2016年の主な活動
  • 子どもたちの格差に焦点を当てた『レポートカード13:子どもたちのための公平性』の制作に協力、日本の読者向け解説を含む日本語版を作成し、国会議員、関係省庁、地方自治体等に送付しました。
  • 子どもの権利条約を改正児童福祉法の基本理念にすることなどを厚生労働大臣に要望しました。
  • 政府が策定した「SDGs実施指針」に子どもの課題が適切に位置づけられることを政府推進本部長に要望しました。
  • ユニセフ本部の世界的な「子どもへの暴力根絶キャンペーン」の一環として、児童ポルノを含む児童の性的搾取の問題に取り組む官民協議会や民間事業者協議会への参加を継続しました。
  • 日本型の「子どもにやさしいまち」作り指針の策定をめざし、本部専門家や自治体首長が参加するシンポジウムを開催、「子どもにやさしいまち連絡会」を発足させました。
  • 新たに立ち上げられた「子どもの家庭養育推進官民協議会」には発起団体の一つとして参加しました。

トップページへコーナートップへ戻る先頭に戻る