メニューをスキップ
日本ユニセフ協会

プレスリリース

TICAD8公式サイドイベント
危機下にあるアフリカの子どもたちのために
日本とユニセフのパートナーシップ

本イベントは終了いたしました。ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。
報告記事は後日、本ホームページに掲載いたします。

日本ユニセフ協会とUNICEF東京事務所は、8月8日16時~、TICAD8公式サイドイベント「危機下にあるアフリカの子どもたちのために~日本とユニセフのパートナーシップ」をオンラインで開催いたします。

さまざまな課題を抱えるアフリカ

国内避難民キャンプに避難している子どもの栄養状態をチェックするユニセフスタッフ。(ソマリア、2022年6月撮影)

©UNICEF/UN0663316/SewunetSomalia, 2022
国内避難民キャンプに避難している子どもの栄養状態をチェックするユニセフスタッフ。(ソマリア、2022年6月撮影)

アフリカの開発をテーマに、日本政府が主導しアフリカ各国や国際機関、民間セクター、市民社会が参加する国際会議、第8回アフリカ開発会議(TICAD8)が8月27日からチュニジアで開催されます。

「最後のフロンティア」と言われるアフリカの開発と経済成長に国際社会の期待が高まる一方で、アフリカはいまだ貧困や紛争、自然災害などいくつもの課題を抱える地域であり、多くの子どもたちが人道支援を必要としています。

アフリカ東部地域や中央サヘル地域では、大規模な干ばつ、新型コロナウイルス感染症の影響による経済の衰退、紛争を背景にした食料価格の高騰などが相まって、深刻な食料危機が起こっています。またサハラ以南のアフリカでは、小学校修了年齢の子どもの89%が、簡単な文章の読解ができない“学習の貧困”に陥り、子ども一人ひとりが持って生まれた可能性を十分に伸ばすことができないばかりでなく、地域社会の発展にも暗い影を落としています。

日本とアフリカをつなぎ、ご報告

ユニセフは、命を守るための緊急支援はもとより、社会サービスを強化し、中長期的に子どもたちの健康と成長を支える取り組みをアフリカ全土で続けています。本イベントでは、アフリカと日本を繋ぎ、アフリカの子どもたちが直面している様々な問題と、日本のみなさまとのパートナーシップによって支えられているユニセフの活動を、現地で活動する日本人職員がご報告します。

TICAD8公式サイドイベント
危機下にあるアフリカの子どもたちのために~日本とユニセフのパートナーシップ

日時 2022年8月8日(月)16:00~17:00
形式 オンライン(Zoomウェビナー) ※要事前申込
プログラム
  • 開会あいさつ
    • ロベルト・べネス UNICEF東京事務所代表
  • TICAD8について
    • 戸田淳子 UNICEF東京事務所  TICADコンサルタント
  • 日本人職員による報告
    • 鈴木 惠理 ユニセフ東部・南部アフリカ地域事務所 子ども保護専門官
    • 小杉 穂高 ユニセフ・ケニア事務所 水と衛生担当官
    • 清水 育子 ユニセフ西部・中部アフリカ地域事務所 教育専門官
    • コーディネーター: 戸田淳子 UNICEF東京事務所TICADコンサルタント
  • 質疑応答
視聴方法 ※終了しました

視聴ご希望の方は、こちらからお申込ください。
お申込み時にご入力いただいたEメール宛に、<no-reply@zoom.us>より、Zoom視聴用URLが自動返信されます。※参加無料・要事前申込です。
※視聴に関する機器や通信環境はご自身でご準備をお願いいたします。モバイル端末の場合、通信環境は高速Wi-Fi(無線LAN)を推奨いたします。

主催 UNICEF東京事務所/日本ユニセフ協会
備考 ※ 個人情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。

<登壇者略歴>

鈴木 惠理(すずき・えり) ユニセフ東部・南部アフリカ地域事務所 子ども保護専門官

サセックス大学院で現代紛争および平和学の修士号取得後、国際NGO 等で、スリランカ、パキスタン、インドネシアで災害緊急援助に従事。外務省平和構築人材育成事業第1期生。2007年にスーダン・ダルフールの国連平和維持活動に民生官として従事。2008年よりユニセフに勤務。シエラレオネ事務所と南アジア地域事務所を経て2018年より現職。二児の母。
Twitter @erimathers

 

小杉穂高 (こすぎ・ほだか)  ユニセフ・ケニア事務所 水と衛生担当官

大学卒業後、国内政府機関で3年間勤務したのち、オーストラリア国立大学にて開発学修士号を取得。ケニアでのJICA海外協力隊を経て、国連ボランティアとしてユニセフウガンダ事務所に勤務し、水 ・衛生分野の緊急支援に従事。2019年度JPO試験に合格し、同年12月よりユニセフ・ケニア事務所にて開発・緊急支援下の水・衛生事業を担当。2020年、東京大学大学院より国際保健学博士号を取得。

 

清水 育子(しみず・いくこ) ユニセフ西部・中部アフリカ地域事務所 教育専門官

スタンフォード大学大学院にて国際教育管理・政策分析の修士号取得。NGO、米州開発銀行のワシントンD.C.本部およびドミニカ共和国事務所で勤務ののち、2008年よりブルンジ、ハイチ、ギニア、中央アフリカ共和国、タジキスタン、ミャンマーのユニセフ現地事務所に勤務。現在、セネガルのダカールにあるユニセフ西部・中部アフリカ地域事務所の教育スペシャリストとして、同事務所が管轄する24カ国を対象に支援している。主な担当分野は女子教育。京都出身、二児の母。