ユニセフってなあに

ユニセフ募金のゆくえ

「ユニセフ募金にご協力をお願いしまーす!」
こんな声を聞いたり、お店にあるユニセフ募金箱を見たりしたことがありますか? もしかすると、募金に協力してくださったことがあるかもしれませんね。
 「ユニセフ募金ってよく聞くけど、いったいどんなふうに使われているの?」という質問をよく受けます。
 ユニセフは、みなさんからの募金なくしては活動することができません。ここでは、ユニセフの活動に使われているお金のことや、募金のゆくえについて見ていきましょう。

ユニセフの活動のためのお金はどこからくるの?
みなさんからおくられたユニセフ募金の流れ
現地ではどのように募金が活用されているの?
ユニセフ学校募金について

ユニセフの活動のためのお金はどこからくるの?

 ユニセフの活動のためのお金はさまざまな国の政府からの任意協力(自分たちで額を決めてする協力、つまり各国の政府からの募金といってもいいかもしれませんね)民間(一般の人びと、つまりみなさんのこと)からの募金で成り立っています。ユニセフの2017年度の総収入は65億7,700万米ドルでした。このうち政府等からの協力が72%で、民間からの協力は26%でした。

[収入]  
収入
 
[支出]
支出

▲このページの先頭にもどる

みなさんからおくられたユニセフ募金の流れ

 みなさんからの募金は日本ユニセフ協会にあつまり、日本ユニセフ協会からニューヨークにあるユニセフ本部に送金されます。ユニセフ本部は、各国の子どもの状況をみて、ユニセフ現地事務所にお金をおくり、各国政府と協力して、世界150以上の国と地域で子どもたちのための活動に使っています。

▲このページの先頭にもどる

現地ではどのように募金が活用されているの?

 みなさんからおくられた募金はどのようにして支援活動につかわれるのでしょうか。ユニセフは、どの地域の人びとや子どもがどんなことで困っているのか、どうすれば生活がよくなるかを調べます。それから予算をたててプロジェクトをつくり、急ぐ順にしごとをします。しごとをするときには、その国の政府やさまざまな団体、地元のボランティアなど多くの人びとと協力します。

ユニセフのしごと
[ユニセフの活動の流れ]

「実際に資金をつかって現地でおこなわれている予防接種事業についてお話を読んでみよう」(PDF 36KB)

 

【いくらでどんな支援物資を調達できるのかな?】

【100円でできること】
ポリオから子どもを守るためのワクチン 6回分
げりで体から水分がなくなって、命を失うことを防ぐ粉(経口補水塩) 14袋
ビタミンAのカプセル 100錠
 
【100円がたくさんあつまると】
1錠で4~5リットルの水をきれいにすることができる薬 1000錠 400円
子どもを寒さから守る大きめのフリース製毛布1枚 539円
マラリアの原因となる蚊から家族を守る、殺虫剤処理をした長期間使える蚊帳3張 648円
スケッチブック10冊とクレヨン(8色入り)10セット 1,357円
熱に弱いワクチンを運ぶのに必要な保冷箱1箱 1,776円
緊急事態の中でも、40人の子どもが勉強できる必要最低限の学用品と教材のキット1セット(スクール・イン・ア・ボックス) 18,047円
(2019年1月現在の価格)
※輸送や配布のための費用は含まれていません。

 

他にもいろいろな支援物資があるよ。

▲このページの先頭にもどる

ユニセフ学校募金について
送り先を決められます

 ユニセフ学校募金(学校名での募金)では、募金の送り先を通常募金、緊急募金、ユニセフ支援ギフトから選ぶことができます。詳しくは「ユニセフ募金について」ページをご覧ください。

ユニセフ募金 郵便局(ゆうちょ銀行)口座のご案内
口座番号:

00190-5-31000

加入者名:

公益財団法人 日本ユニセフ協会

窓口振込につき、振り込み手数料免除 緊急募金の場合は、通信欄に緊急募金名(例:アフリカ)をご記入ください。 振込用紙をお送りすることもできます。ご請求ください。



▲このページの先頭にもどる
公益財団法人 日本ユニセフ協会