メニューをスキップ
日本ユニセフ協会

プレスリリース

モザンビーク
熱帯低気圧で約4万5,000人が被災 子どもたちが新たな危機に

2022年1月26日ナイロビ(ケニア)

熱帯低気圧「アナ」による強風と豪雨が、東部・南部アフリカの4カ国で暮らす数千人の子どもの生活に被害をもたらしています。最新の報告によると、マダガスカル、マラウイ、モザンビーク、ジンバブエの一部が、この地域では今シーズン初となるサイクロンに見舞われました。

多くの子どもが危機に

熱帯低気圧「アナ」で被災した子どもの様子。

© UNICEF Mozambique
熱帯低気圧「アナ」で被災した子どもの様子。

いまだに雨が降り続き、水位が上昇し、子どもたちやその家族にとって悲惨な状況が続いている場所も複数あります。今回の熱帯低気圧は、アクセスが困難な遠隔地を含む、この地域における気候災害のリスクと影響、また、災害発生直後からの緊急の人道支援ニーズについて、改めて考えさせられるきっかけとなりました。

不安定な状況が続くモザンビークでは、すでに子どもの栄養面に悪影響が出ていますが、今回の熱帯低気圧によって、あまりにも多くの子どもたちが新たな危機にさらされています。現在、サイクロンによって約2万3,000人の女性と子どもを含む4万5,000人が人道支援を必要としています。137校の346の教室と12カ所の保健センターが一部損傷あるいは全壊し、1月31日からの新学期を前に、2万7,383人の生徒が学びの場を失っています。

ユニセフ(国連児童基金)とパートナーは、24時間体制でアフリカ4カ国の状況把握に努め、浄水器や医療キットなどの命を守る支援物資の備蓄や栄養サービスなど、被災した子どもたちやコミュニティへの迅速な支援に取り組んでいます。

困難な状況にある子どもたちが、生まれ持った権利を守られ、平和に健やかに成長できることを目指して活動するユニセフ。

その活動は皆さまのご支援によって支えられています。

毎月(定額)のご寄附 今回(一回)のご寄附

※最も支援が必要な子どもたちを支え、ユニセフの様々な活動に役立てられています。

関連ページ