メニューをスキップ
日本ユニセフ協会

お知らせ

『ラジオ・ユニセフ』
日本ユニセフ協会がポッドキャスト番組、配信中!

東京のユニセフハウスから、ユニセフ(国連児童基金)にまつわるお話をお届けします。ぜひ、聴きに来てください。

Spotify、Apple Podcasts、Google Podcastsでお聴きいただけます。下記それぞれのリンクからどうぞ。

ぜひフォロー/登録をお願いします!

 

最新のお話

2022.08.10 第7回:「空のお仕事」に戻ります

(※Google podcastsでの公開には少しお時間がかかる場合がございます)

 

過去のお話

2022.07.14 ~ 2022.08.04 第3回~第6回:国連機関で活躍する女性、杢尾雪絵さん (※配信終了しました)

2022.07.07 第2回:トンガ沖大規模噴火から半年、被災地では

2022.06.30 第1回:一時帰国中の長谷部さんがユニセフハウスに!

2022.06.16 ラジオ・ユニセフ、始めます

 

Editor’s Note

収録の小話を、「ラジオ・ユニセフ」の声の主がお届けします。

2022.08.10 素敵な笑顔とタフさと 🙂

世界を飛び回る「空のお仕事」。一見華やかな世界ですが、時差に慣れる間も無く西へ東へと、結構「体力勝負」の世界のようです。にも関わらず、日本の航空会社のみなさんは、エコノミークラスの我々にもいつも笑顔で接してくださって…。本当、頭が下がります。

 

2022.08.04 プロフェッショナルとは?

番組でもご紹介したNHK『プロフェッショナル~仕事の流儀』。2009年以降の回は、NHKオンデマンドでも観られるようですが、杢尾さんが出演された2006年(番組がスタートした年でした)の11月30日放送回は、電子書籍の形でしか“観る”ことができないようです。残念!「杢尾雪江」+「プロフェッショナル」でググってみてください。

 

2022.07.28 ご寄付の方法も様々

今回、杢尾さんは、ユニセフ募金の大切さについて語ってくださいましたが、日本円以外でのご寄付も受け付けていることをご存知ですか? 世界各国のコインや紙幣をお預かりする「外国コイン募金」も、そのひとつ。容易に円に換金できないような外貨を、どうやってユニセフ募金に変身させるのか? その裏舞台を、後日、番組でご紹介します。

 

2022.07.21 歴史あるカセットテープ

前回の最後で杢尾さんが語っていた、コソボ。先日、オフィスの掃除をしていたら、恐らく杢尾さんがコソボにいた頃につくられたと思われる、現地の子どもたちが歌う平和の歌のカセットテープが2本出てきました。手元にラジカセ(懐かしい!)が無く、まだ聴けていませんが、いつか番組でも紹介できればと思っています。

 

2022.07.14 国連機関で忖度は無用?

「忖度」という言葉は、いつの間にか、普通に使われるようになりました。他方、様々な国籍の人々が一緒に働く国連の世界では「ちゃんと言わないと伝わらない」が基本のようです。そんな世界でキャリアを積み重ね始めた頃の杢尾さん。ある発言で、周囲の人々を凍りつかせました。杢尾さんが発した一言とは? 番組でご確認ください。

 

2022.07.07 やっぱり英国人はラグビーがお好き

トンガを担当するユニセフ太平洋島嶼国事務所代表の代表、ジョナサンは、ラグビーとフットボール(サッカー)“命”で、冷えていないビール好きの典型的な英国人。

2015年のラグビー・ワールドカップでブレイブブロッサムズが南アフリカに勝利した時は、日本人の我々以上に狂喜していたことを思い出しました。

今回も、大噴火の直後に、日本でも活躍されたラグビー界のレジェンド、ジョンカーターさんと南アフリカの「ビースト」ことテンダイ・ムタワリラさんが、いち早くユニセフに力を貸してくださいましたが、あの時に負けない位の喜びのメールを送ってきました。

英国人のラグビー愛は本物ですね。

 

2022.06.30 長谷部誠さん対談中に…

緊張しました!

“我らがキャプテン”のインタビュアーを仰せつかい、前日は辛い物を控え、直前まで何度もうがいをして、喉の調子を整え・・・。直前まで何度もリハーサルした甲斐もあってか、我ながら素晴らしいスタートを切り、「絶好調!」と思った矢先、なんと、私のマイクの電源はOFFのまま! キャプテンは、「なぁ~んかおかしいなって思ってたんだよね(笑)」と、すかさずフォローしてくださいましたが・・・(冷汗)。

SNS動画を担当した同僚のAさん。何度も構成を練り、リハーサルを繰り返し。撮影も順調に・・・突然、真剣な表情だったキャプテンが吹き出すように笑いはじめました。一体何が起こったのかなあと思っていたところ、どうやらAさんが撮影しながら満面の笑みだったようで。Aさん曰く、緊張からなのか嬉しさからなのか、「なんだかにやけが止まらなくなってしまって」とのこと。だからキャプテンもつられてあんなに笑っていたんですね。

長谷部さん、ご迷惑をお掛けしました!

 

フレンドネーションで応援してください

ポッドキャスト番組「ラジオ・ユニセフ」を始めたことをきっかけに、フレンドネーションにチャレンジしています!

フレンドネーションとは、自分のアイディアでプロジェクトを立ち上げ、応援してくれる方からご寄付を集め、世界の子どもたちのためのユニセフ支援に役立てる、新しい支援の形です。

皆さまからいただいたご寄付は、世界の子どもたちの命と未来を守るユニセフの支援活動に役立てられます。