『学級憲章』をつくってみよう

「子どもの権利条約」を学びながら、一人ひとりが大切にされる学級を目指して『私たちの学級憲章』を作成してみましょう。
みなにとって過ごしやすく学びやすい学級をつくるために、自分たちにできることは何か、学校という場において守りたい権利は何か、また権利を尊重するとはどんなことか、子どもたちが経験的に学び、実践していくことを目指します。子どもたちが主体的に考え行動する力を養うとともに、自分だけでなく他者の権利にも目を向けることにより、子ども同士の関係に良い影響を与えたり、学校を自分の居場所と考えたりできるようになることが、期待されます。
学級憲章づくりそのものが、子どもの権利を尊重した取り組みでもあるのです。

私たちの学級憲章
〈学習のプロセス〉

  • 1. 権利を知ろう!

    まず、自分のもっている権利を知ることから始めましょう。「子どもの権利条約カードブック」を使って、「子どもの権利条約」の内容や4つの原則について、そして、この条約に書かれたすべての権利を、自分もそして同級生ももっていることを学びましょう。

    権利を知ろう!
  • 2. 選んでみよう!

    自分たちの学級をよくしていくためには、どの条文が特に大切であるか考え、いくつか選んでみましょう。子どもたちが中心となって話し合うことが大切ですが、先生たちも一緒に考えましょう。選んだ権利を、自分のために、そしてみんなのために、どのようにして守っていけるか考えましょう。

    選んでみよう!
  • 3.『学級憲章』を書いてみよう!

    選んだ条文をもとに、自分たちの言葉で『学級憲章』を書いてみましょう。その際に「子どもの権利条約」に書かれている内容に沿っているか、もういちど考えてみましょう。憲章のそれぞれの項目に「子どもの権利条約」のどの条文に該当するかを書き添えてもよいでしょう。

    『学級憲章』を書いてみよう!
  • ポスターをつくり、掲示しよう!

    でき上がった憲章をポスターにして学級のみんなから見える場所に掲示しましょう。自分たちでデザインも考えてみましょう。また、『学級憲章』を定期的に振り返り、守られていないことはないか、足りないことはないかなど、よりよい学級をつくっていくために話し合いを続けていきましょう。

    ポスターをつくり、掲示しよう!