世界の子どもたちの権利にも
目を向けてみよう

子どもの権利とスポーツの原則

2030年までに世界が解決すべき目標を定めたSDGs(持続可能な開発目標)。ここにある17個の目標を、子どもの権利という視点から見てみましょう。SDGsを「子どもの権利条約」と並べて見てみてください。子どもの権利と重なる目標も多いことに気づくでしょう。
世界共通の課題を解決していくことは、世界の子どもたちの権利の実現につながります。SDGsの目標の達成が、どんな子どもの権利の実現と結びつくかを考えて、条文をあげてみましょう。すべての課題は、人が生きることと関係しています。SDGsを学ぶ際に「人権」の視点は欠かせません。

SDGs 目標4 : 質の高い教育をみんなに
子どもの権利とスポーツの原則

また、SDGsの教育に関する目標(Goal 4)は、教育を通して一人ひとりが人権、また公平性や多様性について学び、地球市民としての意識を高めていくことを掲げています。子どもたち一人ひとりがSDGsについて学び、世界をよりよくしていくために何ができるか考え、行動に移す。このような取り組み自体が、子どもの主体的な参加を促し、子どもたちが社会に貢献できる力を養い、そして、自分にも社会を変えることができるという自己有用感にもつながっていきます。

SDGsの17個の目標が実現したら、どんな子どもの権利が守られるでしょう。みんなで考えてみましょう。

持続可能な世界への第一歩
SDGs CLUB

持続可能な世界への第一歩

SDGs学習にご利用いただける子ども向けウェブサイト「SDGs CLUB」もぜひご覧ください。17個の目標と169のターゲットの子ども訳とともに、それぞれの目標ごとに関連する課題を学べる動画やグラフを掲載しています。また、SDGs が生まれた背景や歴史についても学べます。

SDGsをナビにして
私たちがつくる持続可能な世界

私たちが作る持続可能な世界

SDGsで掲げられている目標の背景にある様々な課題について学ぶことのできる副教材です(主に中学・高校生向け)。現在の世界が抱える課題を知り、課題の解決に向けて考え行動に移していく。そうした学習活動にお役立ていただけます。